スタディサプリ 評判


スタディサプリは、月額980円で大学受験の勉強が行えるオンライン予備校です。

高校生を中心に利用者が増えており、高校生の2人に1人がスタディサプリを利用しています。

あなたの周りにも、スタディサプリを利用している方が多いと思います。


そんなスタディサプリですが「どんな機能があるのか」「本当に合格できるのか」など、疑問に思っている方もいるでしょう。

そこで今回は、今話題のスタディサプリの評価や評判などをまとめてみました。

この記事を読めば、スタディサプリのすべて理解できます。

大学受験に革命を起こしたと言われている、スタディサプリについて一緒に見ていきましょう。



スタディサプリってどんなサービス?特徴は?

スタディサプリ 特徴


スタディサプリでは、PCやスマホで大学受験の授業が受けられます。

今までは、予備校に通って決められた時間に授業を受けるのが当然でした。

しかし、スマホの普及に伴い、スタディサプリでいつでもどこでも質の高い授業を受けられるようになりました。


予備校への通学時間を節約できたり、テレビのCM中などのスキマ時間で受験勉強ができます。

時間を有効活用して、偏差値アップできるでしょう。

授業を受ける以外にも入試のweb出願手続きが行えたり、大学の過去問を無料で印刷できるなど、スタディサプリがあれば大学受験を有利に進められます。

月額980円で一万本の授業を受け放題

スタディサプリでは、月額980円で一万本を超える授業がすべて見放題です。

大学受験の基礎を身につける通年・科目別講座、大学別の対策を行う志望校対策講座、センター試験の対策を行うセンター試験対策講座、AOや推薦入試の対策を行うAO・推薦対策講座など、幅広い授業を受けることができます。

時期に関係なく必要な授業を受けられるので、最短ルートで志望校合格がめざせます。


授業は丁寧に解説されるので、すんなりと理解できます。

学校や予備校の授業についていけない方でも、安心して勉強を進められます。

大学受験の授業だけでなく中学生や小学生の授業も見放題なので、学び直しが必要な方にも適していますよ。


難関大学への合格率が非常に高い

スタディサプリは、難関大学への合格率が高いです。

スタディサプリ利用者の2人に1人が東大、京大、早慶上智、関関同立、GMARCHなどの難関大学に合格しています。


早慶上智やGMARCH、関関同立などは問題が難しいだけでなく、倍率も非常に高いです。

学部によっては倍率が10倍を超えるなど、簡単に合格できる大学ではありません。

そんな難関大学にスタディサプリ利用者の2人に1人が合格しているのは、驚異的な合格率です。

他の予備校の、難関大学の合格率と比べてみましょう。


難関大学への合格率 人数の割合
スタディサプリ 50% 2人に1人
河合塾※ 7.76% 13人に1人
東進ハイスクール※ 6.27% 16人に1人

大手予備校は生徒数が多いので、単純な比較は難しいかもしれません。

しかし、スタディサプリの合格率の高さが理解できたと思います。

高い合格率を誇る背景には、分かりやすい授業や大学受験サポートの充実などが挙げられます。

スタディサプリのメリット | 評判と評価は?

スタディサプリ メリット


スタディサプリには、他の予備校と異なる多くの特徴があります。

スタディサプリのメリットはたくさんあるのですが、僕が実際に利用して感じたメリットをまとめてみました。


スタディサプリのメリット
  1. いつでも授業を見ることができる
  2. 料金がかなり安い
  3. 自分に合うレベルの授業を見れる
  4. 講師の質がとても高い
  5. 過去問を無料でGETできる
  6. 勉強の息抜きまで可能

自分の好きな時間に見ることができる

スタディサプリは、PCやスマホで受ける映像授業です。

予備校のように、決まった時間に授業を受ける必要がありません。

通学時間や学校の休み時間など、いつでも見たい時に授業を受けられます。

スキマ時間を受験勉強に充てられるので、勉強時間をつみ重ねて他の受験生に差をつけられるのです。


好きな時間に見れるということは、勉強の時間配分も自分で決められます。

部活などで疲れている日は授業を少なめに受け、休みの日にまとめて授業を受けることもできます。

予定や気分に合わせてスケジュールを組めるので、部活や学校行事で忙しい高校生にはスタディサプリが向いていますね。


スタディサプリ スケジュール
(ある日のスタディサプリ利用者の一日のスケジュール)

予備校に比べて料金が安い

スタディサプリの料金設定は、予備校と大きく異なります。

スタディサプリを運営するリクルートには「経済的、地域的な理由から生まれる教育の格差をなくし、誰もが一流の教育を受けられるようにしたい」という理念があります。

そのため、誰でも利用できる料金でサービスを提供しています。

「お金が払えず予備校に通えない」という悩みを解決したいのですね。


予備校 スタディサプリ
入学金 30,000 0
授業料 500,000 12,000
合計 530,000 12,000
※1 「大学受験勉強に関する調査」より『予備校・塾の月の平均授業料はいくらでしたか』
の問いに回答したユーザー調査より抜粋(2013年3月スタディサプリ調べ)
※2 予備校によっては、入学金が不要な場合もあります。


スタディサプリ 料金


予備校の料金と比べると、一年間で51万円もスタディサプリの方が安いです。

51万円というと、国公立大学の一年間の授業料に相当します。

大学一年間の授業料が節約できると考えると、スタディサプリはかなりお得ですよね。

自分に合ったレベルの授業を受けられる

スタディサプリの授業は、3つのレベルに分かれています。

最難関大学をめざすトップレベル、難関大学をめざすハイレベル、一般的な大学をめざすスタンダードレベルです。

旧帝大や早慶などの名門大学から地元の大学まで、幅広い大学の入試に対応しています。

どのレベルの大学を受ける方でも、安心してスタディサプリを利用できますね。


トップ ハイ スタンダード
最難関大学をめざす方向け 難関大学をめざす方向け 一般的な大学をめざす方向け

途中で志望校が変わった場合、授業のレベルを変更することができます。

すべての授業が見放題なので、レベル変更の手続きなども不要です。

手間いらずで簡単なので、急激に偏差値が上がっても対応できますよ。

講師の質が全国トップレベル!

スタディサプリの講師は、有名予備校で実績を積んだ方々です。

授業を受けた感想として、簡潔で分かりやすい解説なので勉強したことがすんなり頭の中に入ってきました。

講師の中でも、知名度の高い関正生さんを例に紹介します。


関正生

これまで出講した予備校では、250人教室で満席・立ち見講座、1日6講座の200人講座で全満席記録を持ち、朝6時からの整理券配布に行列ができるほどの人気講師として活躍。大学受験英語に留まらず、中学英語やTOEIC®Testなどに関する著書多数。スタディサプリでは主に英文法の講座を担当。暗記だけに頼らない、英語の本質を理解する力を伝授する。

教室で生徒が立ち見をしたり、朝6時からの整理券配布に行列ができたというエピソードがあります。

予備校業界の中でも、トップクラスの講師ということが分かりますね。

月額980円と安い料金ですが、スタディサプリの講師陣に一切妥協はありません。

関正生さん以外にも、実力のある面白い講師がたくさんいますよ。


過去問が無料で印刷・ダウンロードできる

スタディサプリでは、センター試験や各大学の過去問が無料で手に入ります。

本来、過去問を購入すると一大学あたり1,500~2,000円ほど必要です。

月額980円で過去問が何冊でも手に入るならば、過去問を入手するだけで元が取れますね。


過去問のある大学一覧

北海道大学、秋田大学、一橋大学、横浜国立大学、千葉大学、筑波大学、東京大学、名古屋大学、京都大学、大阪大学、広島大学、学習院大学、慶應義塾大学、上智大学、青山学院大学、早稲田大学、中央大学、法政大学、明治大学、立教大学、関西学院大学、関西大学、同志社大学、立命館大学 など



ここで紹介した大学以外にも、160以上の大学の過去問が揃っています。

あなたの行きたい大学の過去問も、きっと手に入るでしょう。

かなり利用する価値がある機能なので、ぜひ活用してみてくださいね。

勉強の息抜きも可能!

スタディサプリでは、勉強の息抜きコンテンツも充実しています。

その名も、未来の教育講座です。

未来の教育講座では堀江貴文さん、キングコング西野さん、フェンシング銀メダリスト太田雄貴さんなど、幅広いジャンルの著名人の授業が受けられます。


「時給を100倍にする方法」「なぜ大学に行くべきか」など、誰も教えてくれない内容を学習できます。

他の高校生にはない知識や教養が身につくでしょう。

大学進学後や社会人になってから必要な能力を勉強の合間に身につけ、未来の自分に活かせますね。

スタディサプリのデメリット&注意点

スタディサプリ デメリット


スタディサプリでは質の高い授業が受けられたり、過去問の無料印刷など大学受験のサポートが受けられます。

しかしその反面、スタディサプリのデメリットもあります。

僕は不便に感じたことはありませんが、登録後に後悔しないためにも以下の注意点を確認しておきましょう。


スタディサプリのデメリット
  1. 通信量が増えてしまう
  2. テキスト代が必要
  3. 問題演習が少なめ
  4. 誰にも強制されない

動画の通信量が多くなりがち?

スタディサプリは、PCやスマホで受ける映像授業です。

スマホで見る場合、通信量が増えてギガが減りやすくなります。

長時間に渡ってYouTubeなどの動画を見ると、データ使用量が増えますよね。


スタディサプリの授業でも同様に、データ使用量が増加します。

自宅のWi-Fi環境が整っている方は大丈夫ですが、Wi-Fiがないと通信制限になるかもしれません。


しかし、スタディサプリの授業は一本が15~20分前後でまとまっています。

ふだん通信量が余っている方は、問題なく利用できるでしょう。

Wi-Fiルーターを契約したり、Wi-Fiのあるカフェなどで授業を見るのもおすすめです。

自分に合った方法で、上手くスタディサプリを活用してくださいね。

テキスト代がかかってしまう

スタディサプリでは、授業で使用するテキストがあります。

テキストは教科書の役割を持っているため必須で、購入すると一冊1,200円かかります。

一度テキストを揃えれば買い足す必要はありませんが、1,200円は少し高いですよね。


しかし、テキストはスタディサプリ公式サイトから無料で印刷することもできます。

多少手間はかかりますが、テキストが無料で手に入るのはお得ですよね。

テキストの印刷方法は、こちらの記事(無料で印刷可能!スタディサプリのテキストを印刷する方法を解説)を参考にしてくださいね。

問題演習が不足するかも?

スタディサプリで行える問題演習は、3つあります。

テキスト付属の問題、センター試験の問題集、印刷できる過去問です。

ある程度の演習量は確保できますが、やはり3つだけだと演習量が不足してしまいます。


市販の問題集などを解いて、さらなる得点力の向上に努める必要があります。

どの問題集がいいのか分からない方に向けて、スタディサプリ受講生におすすめの問題集をまとめました。

ぜひ参考にして、入試を戦える得点力を身につけていきましょう。

簡単にサボることができてしまう

スタディサプリは、自分で授業を受ける時間を決められます。

自分のスケジュールに合わせて授業を受けられるので、効率的に受験勉強を行えます。

ただ、誰にも指示されず強制力がないです。

きちんと勉強する意思のある方でないと、挫折してしまうかもしれません。


勉強を続ける意思の弱い方には、合格特訓コースというものがあります。

月額9,800円であなた専属のコーチがつき、志望校合格のサポートをしてくれます。

学習プランの作成や理解度の管理、勉強の悩み相談などを受け持ってくれます。


専属コーチは東大、京大、早慶、一橋、東工大のいずれかに在籍する方です。

大学受験を知り尽くしたプロフェッショナルなので、必ず志望校合格に役立ちます。


合格特訓コースは14日間無料でお試しできるので、興味のある方は試してみるのがいいでしょう。

当然、試して合わなかったらベーシックコースに戻せますからね。


関連記事:3ヶ月で偏差値13UP!スタディサプリ合格特訓プランの評価は?


スタディサプリへの登録方法はこれだけ!

スタディサプリ 登録方法


ここまで、スタディサプリの特徴を確認してきました。

では、実際にスタディサプリに登録してみましょう。

スタディサプリの登録方法は、以下の3ステップです。


スタディサプリの登録方法
  1. 本人確認をする
  2. プランを選択する
  3. お支払い情報を入力する


スタディサプリへの登録は、誰も簡単にできる3ステップで完了します。

詳しい登録方法は、こちらの記事(【まとめ】スタディサプリに登録する方法を解説してみる!)を参考にしてくださいね。


まとめ

まとめ


ここまで、スタディサプリの内容をまとめてみました。

スタディサプリの名前だけ知っていたけど、何ができるか分からなかった方も多いと思います。

スタディサプリは、手厚いサポートで受験生を志望校合格に導いてくれるものですね。


今まで受験勉強というと、予備校しか選択肢がありませんでした。

しかし、スタディサプリでいつでもどこでも一流の授業を受けられるようになった。

これは、本当にすごいことなんです。

受験業界に革命を起こしたと言われるスタディサプリを使って、あなたも志望校合格を掴み取りましょう!