スタディサプリ スケジュール


効率的な受験勉強を行うには、スケジュール管理が必要です。

いつの時期にどんな勉強をするのか、前もって計画を立てることで志望校合格に近づきます。

逆に言えば、適当な計画を立ててしまうと勉強の効率も落ちてしまいます。


大学受験の明暗を左右するくらい、スケジュール管理は大切な要素です。

そこで今回は、スタディサプリのスケジュールについて解説します。

ぜひ参考にして、受験勉強に活かしてくださいね。



スタディサプリにスケジュールはない

スケジュール ない


スタディサプリには、スケジュールがありません。

自分で勉強計画を立て、一年間を通して受験勉強を行います。

自らスケジュールを立てるので、部活などが忙しい方でも生活リズムに合わせた勉強ができます。


無理のないペースで勉強を行い、きちんと知識を身につけられます。

決まったスケジュールがないので、逆転合格もしやすいです。


予備校の場合、あらかじめ決まったスケジュールで勉強します。

途中から入った方は、授業についていくのが難しいです。

基礎が抜け落ちている状態で勉強しても、偏差値は上がらないですよね。

スケジュールが決まっている予備校で逆転合格をめざすのは、効果的ではありません。


スタディサプリは、自分でスケジュールを立てます。

入試までの残り日数が少ない方でも、どんどん範囲を終わらせ周りを追い抜くことができます。

逆転合格をめざす方には、スケジュールが決まっていないスタディサプリが適しているでしょう。

スタディサプリのおすすめ年間スケジュールは?

年間スケジュール おすすめ


スタディサプリには、スケジュールがないことを紹介しました。

しかし、自分でスケジュールを立てるのは難しそうですよね、、

失敗して、変なスケジュールを立てても嫌ですし。


そこで、スタディサプリのおすすめ年間スケジュールを立ててみました。

どうやって勉強を進めるべきか分からない方は、参考にしてくださいね。


おすすめの年間スケジュール

  4~9月 通年・科目別講座

  10~12月 センター試験対策講座

  1~2月 志望校対策講座

4~9月 通年・科目別講座

4~9月は、通年・科目別講座をおすすめします。

通年・科目別講座は、大学受験に必要な基礎を身につける授業です。


通年・科目別講座では、志望校に合わせたレベル別の授業を行っています。

東大や早慶などの最難関大学をめざすトップレベル、MARCHや関関同立などの難関大学をめざすハイレベル、一般的な大学をめざすスタンダードレベルの3つに分かれています。

レベルを分けることで知識の過不足をなくし、最短ルートで志望校に合格できる力をつけます。


4~9月に通年・科目別講座を受けることで、強固な基礎を身につけます。

早慶やMARCHなどの難関大学でも、出題される問題の半数以上は基礎知識だけで解ける問題です。

基礎問題を確実に解けるようになれば得点力が底上げされるので、合格への近道になります。

基礎だからといって油断せずに、すべてを理解するつもりで授業に臨んでくださいね!


トップ ハイ スタンダード
最難関大学をめざす方向け 難関大学をめざす方向け 一般的な大学をめざす方向け

10~12月 センター試験対策講座

10~12月は、センター試験対策講座をおすすめします。

センター試験対策講座は、センター試験対策を行う授業です。


過去問を分析して作成された授業なので、無駄な勉強をせずにセンター試験を攻略できます。

分かりやすく丁寧に解説してくれ、内容を確実に理解できるでしょう。

すべての授業が終わる頃には、センター試験の過去問で割以上が取れるようになります。


10~12月にセンター試験対策講座を受けることで、センター試験を完全に攻略します。

国公立はもちろん、私立を志望する方でもセンター試験で高得点を取ることは必要です。

センター利用入試で滑り止めを確保できれば、2月の私立入試にも安心して望めます。

第一志望に合格するためにも、センター試験対策は重要なのですね。

1~2月 志望校対策講座

1~2月は、志望校対策講座をおすすめします。

志望校対策講座は、志望校別の対策を行う仕上げの授業です。


同レベルの大学といっても、出題される問題は全く異なります。

MARCHのくくりでも、明治と青山学院では出題傾向が変わります。

明治を志望する方が、青山学院での出題率が高い自由英作文を勉強しても明治合格は難しいですよね、、

志望校の出題傾向に合わせた勉強が、必要というわけです。


志望校対策講座では、各大学の出題傾向に合わせて得点を取るための授業を行います。

出題頻度が高い分野のみを集中して対策するので、一度授業を見るだけで過去問の得点が上がります。

1~2月に志望校対策講座を受けることで、受験勉強の最終仕上げが可能です。

過去問で合格点が取れていない方でも、合格点を取れるようになりますよ。

細かいスパンのスケジュールも決めておこう!

スケジュール 細かいスパン


ここまで、スタディサプリの年間スケジュールを見ていきました。

続いて、細かいスパンのスケジュールを決めましょう。

大きな目標を設定するのは大切ですが、より細かい勉強方針を決めないと動けませんからね。


スケジュールの管理には、Ligebearというアプリを使用します。

登録不要で、無料で利用できますよ。

Lifebear カレンダーとToDoと日記の人気手帳

Lifebear カレンダーとToDoと日記の人気手帳

Lifebear inc.無料posted withアプリーチ

月ごとの目標を決める

まずは、月ごとの目標を決めましょう。

月ごとの目標を決めることで、勉強のモチベーションも上がります。

決める際には、中期的な目標を設定するようにしましょう。


英文法を理解する、平安時代と鎌倉時代をマスターする、などです。

各科目の目標をまんべんなく挙げてくださいね。

週ごとの目標を逆算する

月ごとの目標を決めたら、週ごとの目標を逆算しましょう。

毎月の目標を4分の1に分割するイメージです。

短期的な目標があれば、やるべきことが明確化されます。

先が見えない受験勉強でも、勉強を実行に移せます。


週に一度は、予備日を作るべきです。

一日でも勉強できない日があると、やるべき勉強が後回しになるからです。

予備日があれば、勉強できなかった分の課題をその日に消化できます。

精神的にも安心するので、おすすめのスケジュールですよ。


Lifebear スケジュール

まとめ

まとめ


以上が、スタディサプリのスケジュールに関する記事でした。

スタディサプリには、決まったスケジュールがありません。

自分で計画を立てるので、勉強しやすい環境が作れます。


自主的に勉強したい方や、逆転合格をめざす方には適した仕組みです。

おすすめのスケジュールを紹介しましたが、あくまでも目安です。

勉強の進行具合に合わせて、柔軟に調節してください。


スタディサプリの登録方法は、こちらの記事(【まとめ】スタディサプリに登録する方法を解説してみる!)を参考にしてくださいね。



もっと効率的に偏差値を上げたい場合は?


スタディサプリには、合格特訓プランがあります。

合格特訓プランでは、月額9,800円であなた専属のコーチが付きます。

学習プランの作成、質問・相談の回答をしてくれます。

すべて一人で進めるよりも、困ったときに頼れる方がいるのは安心です。


もしかすると、月額980円のベーシックプランと比べると高く感じると思います。

しかし、合格特訓プランでは予備校よりも圧倒的に安く受験勉強が行えます。



平均的な予備校は、年間で約53万円が必要です。

夏期講習や冬期講習などの料金も加えると、100万円近くになることもあります。


一方の合格特訓プランは、年間で約12万円です。

予備校と比べると、41万円もお得になります。

学費や生活費など、大学入学後にもたくさんのお金が必要になってきます。

大学受験にかける費用を抑えたい方にも、合格特訓プランが適していますよ。


合格特訓プランについては、こちらの記事(3ヶ月で偏差値13UP!スタディサプリ合格特訓プランの評価は?)を参考にしてくださいね。