スタディサプリ 青山学院大学


青山学院大学は、東京都の渋谷区にキャンパスを構える有名大学ですよね。

渋谷という立地もあってか、通っている学生も美男美女が多く受験生からの人気も高いです。

倍率が10倍を超える学部もあるなど、簡単に合格できる大学ではありません。


そこで紹介したいのがスタディサプリ。

スタディサプリでは、青学の入試を攻略するためのカリキュラムが揃っているため、受験勉強を始める前の方でも安心して受講することができます。

今回は、青学を目指す方におすすめのスタディサプリの講座を紹介していきますね!



青山学院大学の難易度

青山学院大学 難易度


「敵を知り己を知れば百選危うからず」ということわざがあります。

敵についても味方についても情勢をはっきり把握していれば、何度戦っても敗れることはないという意味です。

大学受験でも志望校のレベルと自分の現状を理解していれば合格は近づきます。

ということで、まずは青山学院大学の難易度を見ていきましょう。

一般入試について

以下が、大学受験パスナビが発表した青山学院大学一般入試の偏差値一覧です。


一般入試 偏差値


偏差値50後半~60前半の学部がほとんどです。

一般的な大学に比べると、なかなか高めの偏差値といえるでしょう。

簡単に合格できる大学ではないことがわかります。


また、青学は英語の配点を高く設定しています。(400点満点中200点が英語)

そこで、まずは英語の偏差値を上げることを目標に受験勉強に取り組むのがいいです。

スタディサプリの英語講座では英単語、英文法、長文読解、英作文など大学受験の英語に必要な分野をすべて勉強できます。

大学受験の英語は出題される分野の幅が広く独学では対応できないことが多いですが、スタディサプリならばどんな問題が出題されても対応できるようになります。

今はまだ英語の得点力が低い方でも、英語の授業を受けていくことで青学の過去問で合格点が取れるようになりますよ。

センター利用入試について

以下は、大学受験パスナビが発表した青山学院大学センター利用入試の偏差値一覧です。


センター利用入試 難易度


センター試験得点率が90%を求められる学部もあるなど、一般入試と同じく難易度は高めですね。

センター利用入試で青学に合格することは、簡単なことではありません。


スタディサプリにはセンター試験対策講座という授業があり、分野別で150を超える授業が揃っています。

自分の苦手分野をピンポイントで対策することによって、効率的にセンター試験の得点をUPさせることができるのです。

英語の勉強と並行してセンター試験対策を行い、センター利用入試に備えるのが賢い受験勉強のやり方といえます。

青学合格に必要なスタディサプリの講座

スタディサプリ 講座


ここまで、青学の一般入試とセンター利用入試の難易度を見ていきました。

青学は確かに難易度の高い大学ですが、心配する必要はありません。

スタディサプリには、青学を攻略するための授業がたくさん揃っています。

今回は、それらの授業の中でも特におすすめのものを紹介していきます。

各科目のハイレベル講座

スタディサプリでは、志望校に合わせたレベル別の授業を行っています。

レベルを分けることで知識の過不足をなくし、無駄な勉強をせずに最短ルートで志望校に合格できる力をつけるのです。

入試までの日数が少ない方でも安心して受験勉強を始められるのですね。


トップ ハイ スタンダード
最難関大学を目指す方向け 難関大学を目指す方向け 一般的な大学を目指す方向け

青学は、難関大学に分類されるので各科目のハイレベル講座を学習し、入試に向けた基礎力を付けていきましょう。

また、推奨するのはハイレベルですが、苦手な科目学習不足の科目がある場合は1つ下のスタンダードレベルから学習を始めることもできます。

自分の学習状況に合わせてレベルを変更できるので、効率的に受験勉強が進められるのです。

実力がついてきたらハイレベルに変更して、更に得点力を伸ばしていきましょう!

関東難関私大対策講座

受験する科目のハイレベル講座が終了したら、関東難関私大対策講座の受講をおすすめします。

関東難関私大対策講座では、MARCHの過去問を使用して得点力の更なる向上を図っていきます。

英語、現代文、古文の3科目をMARCH対策専用の授業で学習するので、ハイレベル講座で学習した基礎知識をより確かな得点力にできるのです。


関東難関私大対策講座が終了する頃には、青学の過去問を戦える力が十分についているでしょう。

ハイレベル講座と関東難関私大対策講座を活用して、周りの受験生に差をつけてくださいね。


関東難関私大対策講座 1


関東難関私大対策講座 2


関東難関私大対策講座 3

スタディサプリ受講生の青学合格体験記

青山学院大学 合格体験記


今回は、過去にスタディサプリを活用して青学に合格した方々の合格体験記をまとめてみました。

先輩の合格体験記を読むことで、自分の受験勉強の見直しが行えます。

よい部分は継続して行い、悪い部分は改善することでより質の高い受験勉強を実現できるのです。

高橋一総さんの合格体験記

2016年度、青山学院大学の経営学部に合格した高橋さん。

高3の8月から受験勉強を始めるという、遅めのスタートだったようです。

そんな彼の1日の勉強スケジュールを紹介します。


合格体験記 1


スタディサプリの授業のほかに、自分で勉強を進めていたようですね。

スタディサプリは質の高い授業や過去問の印刷機能など、大学受験に必要なコンテンツが揃っている一方で問題演習が不足しがちという弱点があります。


そこで、スタディサプリの授業以外にも問題演習を行って得点力UPに努めてください。

どんな問題集を解けばいいのかわからない方のためにスタディサプリ受講生におすすめの問題集をまとめてみました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

齋藤陸さんの合格体験記

2014年度、青山学院大学の文学部に合格した齋藤さん。

スタディサプリを始める前までは、学校のクラスでも下位の成績だったそうです。

そんな彼の一年間のモチベーション推移を紹介します。


合格体験記 2


苦手だった古文はスタンダードレベル、得意だった世界史はトップレベルの授業を受けていたようです。

大手予備校の場合は、すべての科目を志望校のレベルに合わせて勉強するので苦手科目は難しすぎ、得意科目は簡単すぎるという現象が起きてしまいます。

大人数の生徒を受け持っているので仕方ない側面はありますが、効率的な受験勉強は難しいでしょう。


スタディサプリの場合は自分の得意、不得意に合わせて各科目の授業のレベルを変えられるので、自分専用の授業が受けられます。

映像授業ならではの強みを活かし、最短ルートで志望校合格に突き進めるのです。

得意科目や苦手科目がはっきりしている方には、特にスタディサプリが適していますよ。

まとめ

まとめ


以上が、青山学院大学の合格に必要なスタディサプリの講座紹介でした。

難関大学に分類される青学ですが、きちんと対策を立てて臨めば十分に戦えることがわかっていただけたと思います。


何度も繰り返しになりますが、青学は英語を本当に重要視しています。

まずは英語の学習に精力を注ぎ、その後に他科目のレベルアップをめざしてください。


スタディサプリの登録方法は、こちらの記事(【まとめ】スタディサプリに登録する方法を解説してみる!)を参考にしてくださいね。



もっと効率的に偏差値を上げたい場合は?


スタディサプリには、合格特訓プランがあります。

合格特訓プランでは、月額9,800円であなた専属のコーチが付きます。

学習プランの作成、質問・相談の回答をしてくれます。

すべて一人で進めるよりも、困ったときに頼れる方がいるのは安心です。


もしかすると、月額980円のベーシックプランと比べると高く感じると思います。

しかし、合格特訓プランでは予備校よりも圧倒的に安く受験勉強が行えます。



平均的な予備校は、年間で約53万円が必要です。

夏期講習や冬期講習などの料金も加えると、100万円近くになることもあります。


一方の合格特訓プランは、年間で約12万円です。

予備校と比べると、41万円もお得になります。

学費や生活費など、大学入学後にもたくさんのお金が必要になってきます。

大学受験にかける費用を抑えたい方にも、合格特訓プランが適していますよ。


合格特訓プランについては、こちらの記事(3ヶ月で偏差値13UP!スタディサプリ合格特訓プランの評価は?)を参考にしてくださいね。