スタディサプリ ベーシックコース


「スタディサプリのベーシックコースが気になっている。一番料金が安いようだけど、本当に実力が伸びるのかな…」という疑問のある方は、多いと思います。

スタサプには、ベーシックコースと合格特訓コースの、2つのコースがあります。

料金が安い方で合格できるのか、不安に思うのは当然でしょう。


そこで今回は、以下の内容について解説します。


  • スタディサプリのベーシックコースとは
  • スタディサプリのベーシックコースの料金


この記事を書いている僕は、スタサプを一年間利用して、早慶に合格した実績があります。

記事の信頼性は確保されているので、ぜひ参考にして、スタサプの情報収集に活かしてくださいね。



スタディサプリのベーシックコースとは

スタディサプリ ベーシックコース とは


スタディサプリのベーシックコースでは、主に以下の機能を利用できます。

どれも学力を伸ばすのに必要なコンテンツなので、きちんと理解してくださいね。


  • 授業が受け放題
  • 過去問が無料で印刷可能
  • 志望校別の学習プランが分かる

授業が受け放題

ベーシックコースでは、40,000本以上の授業が見放題になります。

基礎を理解する、センター試験対策をする、志望校別対策をするなど、用途によって授業が別れています。

時期によって自分に必要な授業を受け、効率的にレベルアップが行えます。


また、全学年の授業を受けられるので、学び直しにも適しています。

「基礎の基礎から勉強したい」「中学までの知識しかない」という方でも、問題なく大学受験に臨めます。


さらに、勉強以外の授業も充実しています。

プログラミングやWebデザイン、投資など、学校では学ぶことのできない分野の授業も、揃っています。

勉強の息抜きをしながら、将来役立つ知識を身に付けられますよ。

過去問が無料で印刷可能

ベーシックコースでは、過去問を無料で印刷できます。

各大学はもちろん、センター試験の過去問も5年分入手できます。


赤本を購入すると、一冊1,000~2,000円かかります。

ベーシックコースは、月額1,980円なので、一冊印刷するだけで元が取れます。


直前期に赤本を購入しに出かけるのも、時間がもったいないので、スタディサプリで印刷できるのは便利ですよ。

関連記事:無料で過去問をGET!スタディサプリの過去問印刷がコスパ最強な件

志望校別の学習プランが分かる

志望校別の学習プランが分かるのも、ベーシックコースの強みです。

スタディサプリでは、志望校別で時期ごとにやるべき勉強を、学習プランにしてまとめています。


プラン通りに勉強するだけで、合格ラインの実力が身に付くようになります。

やるべきことが明確化されているので、一人で受験勉強を行う方でも、安心して勉強を進められますね。

スタディサプリのベーシックコースの料金

スタディサプリ ベーシックコース 料金


スタディサプリのベーシックコースに必要な料金は、以下の2つです。

仕組みを理解したうえで、正しい料金を支払いましょう。

  • 授業料(月額1,980円)
  • テキスト代(一冊1,200円)

授業料(月額1,980円)

ベーシックコースの授業料は、月額1,980円です。

入学金や施設維持費などは必要ないので、これ以上の料金を取られることは、ありません。


予備校の授業料が、月額40,000円と言われているので、スタサプはかなり安いです。

「家庭の事情で予備校に通うのが難しい…」という方でも、問題なく勉強できますよ。


また、料金を一括払いすることで、2ヶ月分の料金が無料になります。

さらに安く受けられるので、おすすめですね。

関連記事:スタディサプリの料金を解説する【2ヶ月半無料で利用する方法】

テキスト代(一冊1,200円)

スタディサプリの授業では、専用のテキストが必要です。

テキストは公式サイトから購入でき、一冊1,200円です。

とは言え、月額1,980円の授業を受けるのに、一冊1,200円のテキストを購入すると考えると、少し高い気がしますよね。


そこで、朗報です。

スタサプのテキストは、無料で印刷することもできるのです。


印刷したほうが書き込みやすいですし、料金も安く収まります。

「テキスト代を節約したい…」という方は、印刷するのをおすすめします。

関連記事:無料で印刷可能!スタディサプリのテキストを印刷する方法を解説

スタディサプリはベーシックコースのみでOK

スタディサプリ ベーシックコース のみ


正直、スタディサプリは、ベーシックコースのみでOKです。

必要な機能は、ベーシックコースで利用できるので、十分に実力が身に付きます。


実際僕も、初めは合格特訓コースを利用していましたが、2ヶ月が経過したタイミングで「ベーシックコースでも進められるな」と思い、コースを変更しました。

その後も問題なく勉強を進め、早慶に合格することができました。


ベーシックコースの欠点をあえて挙げるならば、質問ができない点です。

勉強を進めていると、どうしても分からない箇所が出てきます。

そんな時に、気軽に質問ができないのは、快適な環境とは言えません。


解決策としては、ネットで調べるのが手っ取り早いです。

勉強の質問ができるNoSchoolや、定番の質問サービスであるYahoo!知恵袋などで質問すると、回答が返ってきます。


上手く活用しつつ、疑問を解消してくださいね。

関連記事:【対処法】スタディサプリでは質問ができない?解決方法は?

スタディサプリの合格特訓コースでできること

スタディサプリ 合格特訓コース


スタディサプリは、ベーシックコースで十分ですが、

とはいえ、合格特訓コースの内容も気になりますよね。

今回は、以下の3つの内容に分けて、合格特訓コースを解説します。


  • 専属コーチがつく
  • 専用の学習プランを作成してくれる
  • 勉強の質問、相談に回答してくれる

専属コーチがつく

合格特訓コースでは、一人一人に専属コーチがつきます。

コーチは、東大、京大、東工大、早稲田、慶應のいずれかに在籍する方々です。

最難関大学に合格した経験を活かし、生徒目線でアドバイスをくれます。


現役からあまり時間が経っていないので、生の情報を持っているのも強みです。

周りに頼れる人がいるのは、安心感に繋がりますね。

専用の学習プランを作成してくれる

専用の学習プランを作成してくれるのも、合格特訓コースならではです。

先ほど紹介したように、スタディサプリには、志望校別の学習プランが用意されています。


合格特訓コースでは、現在の学力や併願校をヒアリングし、さらに詳しい学習プランを作成してくれます。

週ごとの学習計画も送られてくるので、ベーシックコースよりも具体的に、勉強を進められますよ。

勉強の質問、相談に回答してくれる

合格特訓コースでは、勉強の質問、相談に回答してくれます。

授業中の疑問点や効率的な勉強方法など、何でも質問してOKです。


22時までに質問をすれば、当日に返信が来ます。

ネットで質問するよりも早いですし、何より確実です。

疑問をすぐに解決できるので、受験勉強の効率も上がります。


ちなみに、やり取りはスタサプ内のチャットを利用し、内容はスタッフが監視しています。

SNSなどで繋がる心配はないので、安心して利用できますよ。

関連記事:スタディサプリ合格特訓コースを解説する【3ヶ月で偏差値13UP】

まとめ

まとめ


以上が、スタディサプリのベーシックコースに関する記事でした。

ベーシックコースでは、主に以下の3つの機能が利用できます。


  • 授業が受け放題
  • 過去問が無料で印刷可能
  • 志望校別の学習プランが分かる


正直、これだけで十分に得点力を伸ばせます。

プラスαで問題集を購入したり、疑問点をネットで解決したりすれば完璧です。

料金も、月額1,980円と非常に安いので、家計にも優しいですし。


合格特訓コースも気になる方は、14日間無料体験を利用してください。

期間中は合格特訓コースが利用でき、14日以内に解約すれば、料金はかかりません。

気に入ったら、そのまま継続すればいいだけですよ!