スタディサプリ センター生物


センター試験の生物、生物基礎は他の理科科目とは異なり覚えるべきことが多いです。

その暗記量の多さから覚えきれていない分野が出てしまい、苦手分野を作る方も多いと言えます。

そもそも、人間の脳は丸暗記しただけの知識をすぐに忘れてしまう構造なのです。

そのため、暗記が必要な生物でも理論をしっかりと理解した上で覚えることが求められます。


そこでおすすめなのがスタディサプリ。

スタディサプリのセンター生物対策講座ならば、複雑な内容の生物の理論や理屈を勉強できるので、時間が経過しても忘れにくい知識が手に入ります。

きちんと授業を受ければ、センター生物で8割以上の得点率が期待できますよ。

今回は、そんなスタディサプリセンター生物対策講座の内容を解説していきます!

受験勉強を進める際の参考にしてみてくださいね。



スタディサプリセンター生物対策講座の問題集とは?

センター生物 問題集


スタディサプリではセンター試験対策の問題集を用意しており、センター試験で出題される全19科目の問題を解けます。

分野別の一問一答形式なので、苦手な分野を集中的に勉強できます。

各科目のセンター試験対策の授業を受けた上で、自分が苦手だと思った分野を克服でき得点の底上げに繋がるでしょう。

また、正答と解説がすぐに表示されるのでわからなかった問題をそのままにすることがなく、短期間で解けなかった問題が解けるようになります。


問題集 1


問題集 2


また、センター試験対策の問題集はスマホでも利用できます。

通学時間やテレビのCM中、さらには試験の直前まで問題演習を行えるのです。


「試験直前に暗記した範囲が出題されて点数が取れた」という経験がある方は多いと思います。

今までは、定期テストだったものがセンター試験本番だったらどうなるでしょうか。

直前に勉強して覚えた1,2点が合否を決めることも珍しくありません。

センター試験対策の問題集を活用して、試験直前まで1点でも多く点数を積み重ねてくださいね。

スタディサプリセンター生物対策講座の授業を紹介!

センター生物 授業


センター生物対策講座の授業を紹介していきます。

センター生物対策講座には、2つの授業が存在します。


センター生物対策講座の授業

  ・センター生物対策講座

  ・センター生物基礎対策講座


これら2つの授業の授業内容やできることを確認していきます。

レベル別で解説するので、自分に合ったレベルを参考にしてくださいね。

センター生物対策講座

センター生物対策講座は、センター生物の基礎の確認と応用力の強化をめざす授業です。

学校の授業にありがちな「ただ用語の意味を説明して終わり」ではなく「なぜこの現象が起こるのか」「どうしてこの名称になったのか」など、生物の仕組みを解説してくれます。

そのため、丸暗記に頼ることなく生物を流れで覚えられます。

納得して覚えた知識は忘れにくく、入試本番まで知識を維持したままセンター試験に望めます。


また、テキストはもちろん、板書も図や絵を使って書かれるため視覚的に理解できます。

文字だけで現象や用語を覚えるよりも、図や絵を見た上で覚える方が記憶に残りやすいです。

問題を解いている際に答えが思い出せなくなっても、授業で見た図や絵を頼りに解答を導くこともできるでしょう。

記憶力に自信のない方でも、安心してセンター試験で8割以上の点数が狙えますよ。


センター生物対策講座

センター生物基礎対策講座

センター生物基礎対策講座は、センター生物基礎の知識を定着させる授業です。

授業の前半は基礎の確認や問題を解く上で必要なポイントの説明があり、後半は問題演習の解説があります。

前半の導入はかなり基礎的な内容から始めるので、生物が苦手な方でも理解しやすいです。

学校や予備校の授業についていけない方でも安心して受けられますよ。


また、センター生物基礎で出題される範囲を正確に把握しているので、覚えるべき用語のみを解説してくれます。

独学で勉強すると「どこまで覚えたら良いのかわからない」といった不安がありますが、スタディサプリなら覚えるべき方が明確化されているので、余計なことを考えずに授業に集中できます。

同じ勉強時間でも効率的に勉強できるので、周りの受験生に差をつけられますね。


センター生物基礎対策講座

どうやって授業は進むの?

どうやって授業は進むか


スタディサプリの授業の進み方を解説していきます。

スタディサプリの授業は基本的に、ポイントを理解する ⇒ 問題を解く という順番で進んでいきます。

知識のインプットを行った後に演習でアウトプットを行えるので、一度覚えたことを忘れにくく効率的といえます。

そんなスタディサプリの授業を進み方を確認していきましょう!

ポイントを理解する

ポイント 理解


まずは、授業を聞いてポイントを理解します。

その授業で必ず覚えておくべきことが解説されるので、必ず最後まで受けましょう。

その後、テキストの問題を解き授業内容を確認します。

確認テストを解く

確認テスト 解く


最後に、確認テストを解きます。

確認テストは、その日学習した内容をテストするものです。

授業を最後まで受けていれば必ず解けるようになっています。

8割以上の正答率をめざして頑張りましょうね。

まとめ

まとめ


以上が、スタディサプリセンター生物対策講座の内容を紹介した記事でした。

覚えることが多く独学での対策が難しいセンター生物ですが、スタディサプリなら効率的に短期間で勉強できます。

何度も繰り返し復習して、知識の定着を図ってください!


スタディサプリの登録方法は、こちらの記事(【まとめ】スタディサプリに登録する方法を解説してみる!)を参考にしてくださいね。



もっと効率的に偏差値を上げたい場合は?


スタディサプリには、合格特訓プランがあります。

合格特訓プランでは、月額9,800円であなた専属のコーチが付きます。

学習プランの作成、質問・相談の回答をしてくれます。

すべて一人で進めるよりも、困ったときに頼れる方がいるのは安心です。


もしかすると、月額980円のベーシックプランと比べると高く感じると思います。

しかし、合格特訓プランでは予備校よりも圧倒的に安く受験勉強が行えます。



平均的な予備校は、年間で約53万円が必要です。

夏期講習や冬期講習などの料金も加えると、100万円近くになることもあります。


一方の合格特訓プランは、年間で約12万円です。

予備校と比べると、41万円もお得になります。

学費や生活費など、大学入学後にもたくさんのお金が必要になってきます。

大学受験にかける費用を抑えたい方にも、合格特訓プランが適していますよ。


合格特訓プランについては、こちらの記事(3ヶ月で偏差値13UP!スタディサプリ合格特訓プランの評価は?)を参考にしてくださいね。