スタディサプリ 高2漢文


漢文は、古文と並んで苦手とする方が多い科目です。

漢文の読み方がわからなかったり、そもそも漢文が何かわからない方も多いと思います。

0から勉強しようにも、どんな勉強法が良いのか見当もつかないですよね。


そこでおすすめなのがスタディサプリ。

スタディサプリ高2漢文講座では、漢文の読み方を0から丁寧に解説していきます。

まったく漢文の勉強をしたことがない方でも、漢文の過去問で点数が取れるようになります。

今回は、そんなスタディサプリ高2漢文講座の内容を紹介していきます!

ぜひ参考にして受験勉強に活かしてくださいね。



スタディサプリ高2漢文講座のレベルは?

スタディサプリ レベル


スタディサプリの授業は、最難関大学をめざすトップレベル、難関大学をめざすハイレベル、一般的な大学をめざすスタンダードレベルの3つに分かれています。

旧帝大や早慶などの名門大学から地元の大学まで、幅広い大学の入試に対応しています。

どんなレベルを受ける方でも、安心してスタディサプリを利用できるのですね。


トップ ハイ スタンダード
最難関大学をめざす方向け 難関大学をめざす方向け 一般的な大学をめざす方向け

また、志望校が決まっている方もいれば、まだ決まっていない方もいると思います。

志望校を決めていない方は、スタンダードレベルから勉強を始めるのがおすすめです。

まずはスタンダードレベルを受けてみて、簡単すぎたらハイレベルやトップレベルを受けるのが良いでしょう。

スタディサプリはすべての授業が980円で受け放題なので、レベル変更の手続き等が必要ありませんよ!

スタディサプリ高2漢文講座の授業を紹介!

スタディサプリ 授業


漢文は、大学受験の漢文を解く力を身につける授業です。

全10講の授業を受けるだけで、漢文の入試問題が解けるようになります。

漢文の基礎事項から解説されるので、0から漢文の勉強を始める方でも安心して受けられますよ。


まずは第1講で土台となる「文構造」や「置き字の知識」を学習し、漢文の読み方を学びます。

第2~6講で入試に必要な「重要語句」を学習し、漢文の効率的な読み方を学びます。

残り4講では入試問題に挑戦し、入試での得点力を向上させます。

まったく漢文の勉強をしてこなかった方でも、順番に授業を受けるだけで漢文の偏差値が底上げされる仕組みになっているのです。


また、授業で使用する例文はすべて大学の過去問から抜粋されています。

教科書レベルの例文ばかり読んでいると、いざ過去問を解く際に手も足も出ないという事態が起きてしまいます。

例文の時点で過去問に触れておくことで、実際に過去問を解く際にも慌てずに解けるようになります。

参考書や教科書だけでは身につかない、問題への対応力を身につけることができるのですね!


漢文

どうやって授業は進むの?

どうやって授業は進むか


スタディサプリの授業の進み方を解説していきます。

スタディサプリの授業は基本的に、ポイントを理解する ⇒ 確認問題を解く という順番で進んでいきます。

知識のインプットを行った後に演習でアウトプットを行えるので、一度覚えたことを忘れにくく効率的といえます。

そんなスタディサプリの授業を進み方を確認していきましょう!

ポイントを理解する

ポイント 理解


まずは、授業を聞いてポイントを理解します。

その授業で必ず覚えておくべきことが解説されるので、必ず最後まで受けましょう。

その後、テキストの問題を解き授業内容を確認します。

復習問題を解く

復習問題 解く


最後に、復習問題を解きます。

復習問題は、その日学習した内容をテストするものです。

授業を最後まで受けていれば必ず解けるようになっています。

8割以上の正答率をめざして頑張りましょうね。

まとめ

まとめ


以上が、スタディサプリ高2漢文講座の内容を紹介した記事でした。

多くの方が苦手にしがちな漢文ですが、スタディサプリならば授業を受けていくだけで過去問が解けるようになります。

漢文の勉強法が分からない方でも、効率的な受験勉強が行えるのです。


また、高2漢文講座が終了したらスタディサプリ高3漢文講座を受けてみてください。

2つの授業内容をカンペキに理解すれば、大学受験の過去問でわからない問題はなくなります。

何度も繰り返し復習して知識の定着を図ってくださいね。