スタディサプリ 何分


スタディサプリは、授業時間が短くまとまっていることで知られています。

予備校などの授業と異なり長時間見る必要がないので、集中力を保ったまま勉強ができます。

スキマ時間を有効活用でき時間のない受験生には適しています。


しかし、授業時間が短いといってもどのくらいの時間なのかわからないですよね。

具体的な時間がわかった方が、勉強のスケジュールなども立てやすそうです。

そこで今回は、スタディサプリの授業時間について解説していきます。

この記事を読めば、スタディサプリの授業時間に関する疑問が解決します。

スタディサプリを効率的に利用するためにも、参考にしてみてくださいね。



スタディサプリの授業時間は何分?

スタディサプリ 何分


スタディサプリの授業時間を解説するには、授業について理解する必要があります。

スタディサプリは映像授業なので、授業の仕組みが少しだけ複雑です。

まずは、スタディサプリの授業について理解していきましょう!

一つの授業はおよそ1440分

スタンダードレベル英語<文法編>というのが一つの授業です。

スタンダードレベル英語<文法編>の中に、時制(1)や時制(2)などの講が存在します。

一つの授業の中に、複数の講が存在するという認識です。


スタンダードレベル英語<文法編>の授業時間はおよそ1440分です。

一日120分ずつ受けると仮定すると、12日で一つの授業を受けられます。

授業時間の目安にしてみてくださいね。


授業 1
授業 2

一つの講はおよそ60分

時制(1)というのが一つの講です。

時制(1)は、複数のチャプターで区切られています。


時制(1)の授業時間はおよそ60分です。

60分の授業ならば、一日あれば受けられるでしょう。

勉強のスケジュールを立てる際の参考にしてくださいね。


講 1
講 2

一つのチャプターはおよそ20分

時制(1)を複数に区切ったのがチャプターです。

チャプターの数は講によって異なります。


時制(1)の場合は、3つのチャプターに分かれています。

1つのチャプターの授業時間は、およそ20分です。

20分のチャプターは通学時間やテレビのCM中に受けられるので、スキマ時間を有効活用することができます。

空いた時間を上手く活用して受験勉強を行ってくださいね。


チャプター 1


チャプター 2


チャプター 3

まとめ

まとめ


以上が、スタディサプリの授業時間について解説した記事でした。

簡単にまとめると以下の通りです。


スタディサプリの授業時間

  一つの授業 … 1440分

  一つの講  …  60分

  チャプター …  20分


一つの授業時間は予備校と変わりませんが、講やチャプターごとに細かく分かれているのですね。

授業時間や内容が細分化されているので、集中力を保ったまま内容を理解できます。

集中力が長続きしない方やスキマ時間を有効活用したい方には、スタディサプリが適しています。

何度も繰り返し復習して、受験勉強を行ってください。


スタディサプリの登録方法は、こちらの記事(【まとめ】スタディサプリに登録する方法を解説してみる!)を参考にしてくださいね。



もっと効率的に偏差値を上げたい場合は?


スタディサプリには、合格特訓プランがあります。

合格特訓プランでは、月額9,800円であなた専属のコーチが付きます。

学習プランの作成、質問・相談の回答をしてくれます。

すべて一人で進めるよりも、困ったときに頼れる方がいるのは安心です。


もしかすると、月額980円のベーシックプランと比べると高く感じると思います。

しかし、合格特訓プランでは予備校よりも圧倒的に安く受験勉強が行えます。



平均的な予備校は、年間で約53万円が必要です。

夏期講習や冬期講習などの料金も加えると、100万円近くになることもあります。


一方の合格特訓プランは、年間で約12万円です。

予備校と比べると、41万円もお得になります。

学費や生活費など、大学入学後にもたくさんのお金が必要になってきます。

大学受験にかける費用を抑えたい方にも、合格特訓プランが適していますよ。


合格特訓プランについては、こちらの記事(3ヶ月で偏差値13UP!スタディサプリ合格特訓プランの評価は?)を参考にしてくださいね。