通信制高校から大学進学をめざす方は、年々増加しています。

通信制高校ナビによると、通信制高校を卒業した方の6人に1人が大学に進学しています。

これは、全日制高校と比較しても高い大学進学率といえます。

しかし、受験勉強のために予備校に通うか独学で勉強する迷っている方も多いと思います。


そこでおすすめなのがスタディサプリ。

スタディサプリでは、通信制高校に通っている方を志望校合格に導く仕組みが揃っています。

受験勉強をしたことがない方でも、0から志望校合格をめざせるのです。

そこで今回は、通信制高校の生徒にスタディサプリが適している理由を紹介していきます!

勉強法に迷っている方は、参考にしてみてくださいね。



通信制高校の生徒にスタディサプリが適している理由とは?


通信制高校の生徒にスタディサプリが適している理由を解説していきます。

理由を簡単にまとめると、以下の3つです。


通信制高校の生徒にスタディサプリが適している理由

  1.いつでも授業が受けられる

  2.学び直しが可能

  3.料金が非常に安い

いつでも授業が受けられる

スタディサプリは、PCやスマホで行う映像授業なのでいつでも授業が受けられます。

時間に関係なく勉強できるのは、通信制高校の生徒に合っています。


予備校の場合は、全日制高校の授業が終わる夕方~夜にかけて授業を行います。

全日制高校の生徒には適していますが、通信制高校の生徒は日中も勉強できる時間があります。

せっかく日中に時間があるのに、予備校の授業が始まる夕方まで時間を持て余すのはもったいないですね。


スタディサプリの場合は、24時間いつでも授業が受けられます。

全日制高校のように朝から授業を受けることもできますし、予備校のように夕方から授業を受けることもできます。

自分の生活リズムに合わせて受験勉強を進められるのです。

昼夜逆転してしまっている方や、人と会うのが苦手な方でも効率的に勉強できるのがスタディサプリの強みですね。

学び直しが可能

通信制高校に通っている方の中には、全日制高校から編入したという方も多いと思います。

全日制高校から編入した方は、現在か前の学年で学習していない範囲があるでしょう。

学習していない範囲をそのままにしてしまうと、基礎が抜け落ちてしまうので当然ながら受験に不利になります。

基礎から勉強し直す必要があるのです。


スタディサプリは小学講座、中学講座、高校講座、大学受験講座の4つが見放題です。

そのため、中学の範囲が不安な方や高校の学習していない範囲がある方でも安心して学び直せます。

基礎を確実に理解することで、その後の受験勉強も効率的に進められます。

基礎を固めた後は、大学受験の授業を受けて志望校合格まで突き進みましょう!

料金がとにかく安い

スタディサプリは、月額980円で授業が見放題になります。

授業が見放題になるほかにも、過去問の無料印刷やセンター試験の問題集など大学受験に必要な機能がすべて揃っています。

月額980円で、予備校にも劣らないコンテンツが利用できるのはスタディサプリのみです。


通信制高校の学費や大学入学後の費用など、高校生~大学生にはたくさんのお金がかかります。

大学受験にかかる費用を抑えることで、家庭への負担も減らすことができます。

また、月額980円は高校生でも支払える金額なので、予備校に入れない場合は自分でスタディサプリを利用することも可能です。

スタディサプリは14日間の無料体験を行っているので、一度試して満足したら利用を始めることもできますよ!

まとめ


以上が、通信制高校の生徒にスタディサプリが適している理由をまとめた記事でした。

スタディサプリは生活リズムが不規則になったり、学び直しが必要な通信制高校の生徒に向いていると言えます。


また、通信制高校は大学受験に不利に働くと思われがちですが、そんなことはありません。

むしろ、全日制高校の生徒よりも自由に使える時間が多いので、逆転合格することも可能です。

スタディサプリを上手に活用して、志望校合格をめざしてください!


スタディサプリの登録方法は、こちらの記事(【まとめ】スタディサプリに登録する方法を解説してみる!)を参考にしてくださいね。



もっと効率的に偏差値を上げたい場合は?


スタディサプリには、合格特訓プランがあります。

合格特訓プランでは、月額9,800円であなた専属のコーチが付きます。

学習プランの作成、質問・相談の回答をしてくれます。

すべて一人で進めるよりも、困ったときに頼れる方がいるのは安心です。


もしかすると、月額980円のベーシックプランと比べると高く感じると思います。

しかし、合格特訓プランでは予備校よりも圧倒的に安く受験勉強が行えます。



平均的な予備校は、年間で約53万円が必要です。

夏期講習や冬期講習などの料金も加えると、100万円近くになることもあります。


一方の合格特訓プランは、年間で約12万円です。

予備校と比べると、41万円もお得になります。

学費や生活費など、大学入学後にもたくさんのお金が必要になってきます。

大学受験にかける費用を抑えたい方にも、合格特訓プランが適していますよ。


合格特訓プランについては、こちらの記事(3ヶ月で偏差値13UP!スタディサプリ合格特訓プランの評価は?)を参考にしてくださいね。