スタディサプリ 高2小論文


小論文は、一部の大学やAO・推薦入試で出題される科目です。

あるテーマの文章を読んで、自分の考えを述べる形式の問題がほとんどです。

文章力や独創性、思考力などが問われる科目ともいえます。


ここまで聞くと、小論文は難しそうな科目だと思うかもしれません。

しかし、小論文はコツさえ掴んでしまえば短期間でマスターすることができ高得点を取りやすい科目でもあります。


スタディサプリでは、小論文の文章の書き方や文章中の着眼点の見つけ方など多くのテクニックを解説してくれます。

授業を最後まで受ければ、誰でも合格点レベルの小論文が書けるようになります。

今回は、そんなスタディサプリ高2小論文講座の内容を紹介していきます!

ぜひ参考にして受験勉強に活かしてくださいね。



スタディサプリ高2小論文講座のレベルは?

スタディサプリ レベル


スタディサプリの授業は、最難関大学をめざすトップレベル、難関大学をめざすハイレベル、一般的な大学をめざすスタンダードレベルの3つに分かれています。

旧帝大や早慶などの名門大学から地元の大学まで、幅広い大学の入試に対応しています。

どんなレベルを受ける方でも、安心してスタディサプリを利用できるのですね。


トップ ハイ スタンダード
最難関大学をめざす方向け 難関大学をめざす方向け 一般的な大学をめざす方向け

また、志望校が決まっている方もいれば、まだ決まっていない方もいると思います。

志望校を決めていない方は、スタンダードレベルから勉強を始めるのがおすすめです。

まずはスタンダードレベルを受けてみて、簡単すぎたらハイレベルやトップレベルを受けるのが良いでしょう。

スタディサプリはすべての授業が980円で受け放題なので、レベル変更の手続き等が必要ありませんよ!

スタディサプリ高2小論文講座の授業を紹介!

スタディサプリ 授業


スタディサプリ高2小論文講座の授業を紹介していきます。

スタディサプリ高2小論文講座には、2つの授業が存在します。


高2小論文講座の授業

  ・小論文

  ・小論文入門


これら2つの授業の授業内容やできることを確認していきます。

レベル別で解説するので、自分に合ったレベルを参考にしてくださいね。

小論文

小論文は、大学受験で出題される小論文問題の対策を行う授業です。

一般入試、AO・推薦入試問わずに小論文を受ける方を対象にしています。

全10講の授業を受け終わる頃には、志望校の小論文で合格点レベルの文章が書けるようになりますよ。


小論文で点数が取れない理由の一つとして、小論文慣れしていないことが挙げられます。

今まで読んできた小論文の問題や文章が少ないため、どうやって点数を取ればいいのか分からないのです。


スタディサプリ高2小論文講座では、さまざまなテーマの小論文を書いていきます。

課題文要約や図表分析、志望理由など幅広いテーマの文章を読むことで、入試本番でどんなテーマが出題されても対応できるようになります。

まずは小論文に慣れることから始め、説得力のある文章の書き方などのテクニックを勉強します。

0から小論文の勉強を始める方でも、確実に合格点レベルの小論文が書けるようになるのです。


小論文

小論文入門

小論文入門は、小論文をまったく勉強したことがない方が始めに受けるべき授業です。

小論文とは何か、どうやって勉強したら良いのかといった基礎の基礎から解説してくれます。

全3講と授業数は少ないですが、すべての授業を見終わる頃には基礎的な小論文が書けるようになっています。


小論文入門の文章のテーマは3つあります。

ドラえもん、少子化社会論、インセンティブの3つです。

どれも比較的読みやすく、文章が書きやすいテーマなので小論文の勉強をしたことがない方でも安心して受けられます。


例えば、ドラえもんの場合は「22世紀からきたネコ型ロボットに出してほしい秘密道具を提案してみよう」という問いから始まります。

ここで大切なのは、ありきたりな解答を書かないことです。

どこでもドアやタケコプターのような、既に存在している秘密道具を書いてしまうと高得点には繋がりません。

自分だけの視点で、誰もが思いつかないようなアイデアを書くことが大切なのです。

アイデアの出し方や論理的な文章の書き方も解説されるので、初めて小論文を学ぶ方でも心配いりません。


小論文入門

どうやって授業は進むの?

どうやって授業は進むか


スタディサプリの授業の進み方を解説していきます。

スタディサプリの授業は基本的に、ポイントを理解する ⇒ 問題を解く という順番で進んでいきます。

知識のインプットを行った後に演習でアウトプットを行えるので、一度覚えたことを忘れにくく効率的といえます。

そんなスタディサプリの授業を進み方を確認していきましょう!

ポイントを理解する

ポイント 理解


まずは、授業を聞いてポイントを理解します。

その授業で必ず覚えておくべきことが解説されるので、必ず最後まで受けましょう。

その後、テキストの問題を解き授業内容を確認します。

小論文を演習する

小論文 演習


次に、小論文を演習します。

授業で学んだことを活かして小論文を書いてみましょう。

初めはうまく書けないかもしれませんが、解説などを参考にして書くコツが身につきます。

失敗を恐れず、どんどんトライしていてください。

まとめ

まとめ


以上が、スタディサプリ高2小論文講座の内容を紹介した記事でした。

正しい勉強法がわかりにくい小論文ですが、スタディサプリならば授業を受けるだけで受験対策が行えます。

まったく小論文を勉強したことがない方でも、一つ一つ授業をこなしていけば合格点レベルの小論文が書けるようになります。

何度も繰り返し授業を見直して、授業内容を定着させてくださいね!