英語 リスニング 参考書 ランキング

センター試験の英語では、リスニングが必ず出題されます。

大問一つがリスニングなので、配点はなかなか高めです。

センター試験を受験する方は、リスニングの対策まで行わなければいけません。

一般入試でリスニングを出題する大学も増えていますし。


そこで今回は、英語のリスニングにおすすめの参考書を紹介していきます。

どれもリスニングを基礎から学べるので、0から勉強し始める方でも安心です。

きちんと解き終われば、センターレベルのリスニングは完璧になっているでしょう。

ぜひ参考にして、受験勉強に活かしてくださいね。



英語のリスニングを勉強する際のポイントとは?

リスニング ポイント


まずは、リスニングを勉強する際のポイントを3つまとめてみました。

ここで紹介することを頭に入れた上で、受験勉強を行ってくださいね。


リスニングを勉強する際のポイント

  ・先に設問を確認する

  ・英単語の暗記を徹底する

  ・演習量をこなす

先に設問を確認する

リスニングを行う際には、先に設問を確認しましょう。

先に設問を確認することで、全体の流れを把握しやすくなります。

リスニングする上で重要なポイントもわかり、高得点が取りやすいです。

設問とリスニングの順番を意識するだけで、簡単に得点が伸びることもあります。

今までやみくもにリスニングを勉強していた方は、ぜひ意識してください。


逆に言えば、後から設問を読むのは危険です。

リスニングの要点がわかっておらず、全文を注意して聞かなければいけなくなるからです。

一度でもリスニングの経験がある方ならば、全文を記憶するのが困難なことは理解できますよね。

「通話中に相手の言ったことを全て暗記する」なんてことは、ほぼ不可能です。

要点をまとめてもらって、初めて記憶することができるでしょう。

通話と同じく、リスニングも要点を理解することが大切です。

そのためにも、先に設問を確認して全体の流れを理解してくださいね。

英単語の暗記を徹底する

英単語の暗記を徹底するのも重要です。

リスニングを理解するには、英単語や英文法などの基礎知識が必要です。

中でも重要なのが、英単語。

英単語をきちんと理解していれば、リスニングである程度の点数は取れるようになります。

英単語をすべて聞き取れれば、日本語訳を組み立てるだけですからね。


また、英単語を勉強する際には発音も暗記しましょう。

発音がわからなくても英語長文は読めますが、リスニングの場合は発音も理解して初めて聞き取ることができます。

多くの英単語帳にはCDが付属してあり、発音も勉強できるようになっています。

CDの音源をスマホなどに入れ、通学中に聞くのがおすすめです。

大学受験で役立つのはもちろん、実際に海外に行った際のも現地の方の英語を聞き取れるようになります。

将来、海外に行ってみたい方には一石二鳥の勉強法ですよ。

演習量をこなす

演習量をこなすのも、リスニングの勉強では大切です。

ほとんどの方が18年前後、日本語だけを使用して生きてきたと思います。

脳が完全に、日本語脳になっているのですね。(当然ながら悪いことではありません)

完成された日本語脳に英語を送っても、脳はパニック。

簡単には英語を理解することができません。

演習量をこなし、徐々に慣れていく必要があります。


例えるなら、関東に住んでいるあなたが関西に引っ越すことになったとします。

周りの人たちは、全員関西弁を使っています。

初めは聞き取れない言葉も多いですが、少しずつ慣れていきます。

関西弁が聞き取れるようになったあなたは、関西弁を話し始めるでしょう。

最初はぎこちない関西弁ですが、1~2ヶ月もすれば板についてきます。

数か月経った頃には、あなたは関西人。(違うけど)

関西弁を操り、オチのある話で友人を笑わせているはずです。


話は逸れましたが、同じように英語も徐々に聞き取れるようになります。

初めは辛いかもしれませんが、演習量をこなすことを意識してくださいね。

英語のリスニングにおすすめ参考書ランキング5選

英語 リスニング 参考書 ランキング


ここからは、おすすめのリスニングの参考書を紹介していきます。

どれも、僕が利用して良いと思ったものなので参考にしてみてくださいね。

リスニングをはじめからていねいに


リスニングをはじめからていねいには、初学者向けの参考書です。

発音やリスニング慣れを中心に勉強し、基礎から知識を身につけていきます。

基礎の基礎から進むので、リスニングをまったく学習していない方でも安心して解くことができます。

この参考書が終わる頃には、センター英語のリスニングを解くコツが身につきます。

ただ、基礎の参考書なので他の問題集と併せて使うのがおすすめですね。

関正生の英語リスニングプラチナルール


関正生の英語リスニングプラチナルールは、実践的な参考書です。

音声が詳しく解説されており「何が原因で聞き取れないのか」「どうすれば正確に聞き取れるのか」を明確にします。

自分がつまづいてしまう理由を明らかにできるので、確実に得点力を伸ばせます。

きちんと最後まで解ければ、センター英語のリスニングは満点が狙えます。

やや発展的な内容もあるので、基礎の参考書を終えた後に解くのがおすすめです。

石井雅勇リスニング講義の実況中継


石井雅勇リスニング講義の実況中継は、映像授業が受けられる参考書です。

付属のDVDを再生すれば、リスニング対策の映像授業を視聴できます。

リスニングの基礎はもちろん、実戦形式の問題も解くことができます。

0から勉強する方でも、センター英語のリスニングで8割以上の得点が狙えます。

授業形式の参考書が欲しい方には、適した一冊です。

灘高キムタツの東大英語リスニング


灘高キムタツの東大英語リスニングは、難関大学向けの参考書です。

東京大学をはじめとする、難関大学のリスニング対策を目標とします。

500~600語の長文リスニングに対応できる能力を身につけていきます。

また、30問の模擬テストを収録しているので演習量も十分です。

かなり発展的な内容なので、基礎を完璧にした上で解き進めてくださいね。

2019センター試験本番レベル模試英語リスニング


2019センター試験本番レベル模試英語リスニングは、東進ハイスクールの模試を書籍化したものです。

模試と同じ問題を解けるので、本番レベルの問題を対策することができます。

落としてはいけない問題と難問がアイコンで判別できます。

「このレベルの問題は解くべき」「これは解けなくても大丈夫」と一目で判断できるのは、大きなメリットです。

普通の問題集よりも実践的な対策が行えるでしょう。

センター試験の1ヶ月くらい前に解けば、受験本番の対策もばっちりですね。

英語のリスニングが行える教育サービス3選

リスニング 教育サービス


ここからは、難関大志望者におすすめの教育サービスを紹介していきます。

どれも、受験生から支持を集めているものばかりです。

もちろん、リスニングの勉強もきちんと行えますよ。

スタディサプリ

スタディサプリ


スタディサプリは「神授業、見放題」というCMで有名なオンライン予備校です。

月額980円で大学受験対策の授業が受け放題になり、センター試験の過去問なども印刷し放題です。

平均的な予備校の授業料が月額45,000円と言われているので、コスパの面でも優れています。

受験生の2人に1人が利用しているサービスなので、実績も十分です。

もちろん、リスニングの勉強法も0から勉強できます。


進研ゼミ高校講座

進研ゼミ高校講座


進研ゼミ高校講座は、誰もが知っている通信教育です。

進研ゼミは、志望校別でカリキュラムが分かれています。

東大京大コース、難関私大コースなど9つのプランから好きなものを選択できます。

志望校に必要な力のみを身につけられるので、無駄なく効率的に受験勉強が行えます。

リスニングの知識も基礎から身につけられ、良い方法ですよ。


Z会

Z会


Z会は、難関大学をめざす方向けの通信教育です。

旧帝大を中心とする難関大学への合格実績が非常に豊富です。

2016年度、Z会の合格実績を見ると東京大学1,137人、京都大学901人、早稲田大学2,907人、慶応義塾大学1,899人合格者を輩出しています。

これは、大手予備校と比較してもかなり立派な合格実績です。

教材の難易度は高いですが、きちんとこなせる方ならば心配いりません。

難関大学で求められるリスニングの対策もバッチリ行えますよ。


まとめ

まとめ


以上が、英語のリスニングの参考書ランキングを紹介した記事でした。

リスニングは、英単語や英文法などの基礎を身につけた上で勉強する必要があります。

簡単に得点できる分野ではありません、、


しかし、英語の基礎を習得した後、コツコツと勉強し続ければ必ず得点力を伸ばせます。

センター英語の250点中50点がリスニングです。

つまり、5分の1はリスニングで決まるのです。

リスニングで得点を稼げれば、あなたの大学受験はかなり有利に進みます。

苦しい時もあると思いますが、諦めることなく受験勉強を頑張ってくださいね。