スタディサプリ メリット


大学受験に向けた予備校は、スタディサプリ以外にも多く存在します。

代ゼミ、駿台、河合塾、東進などたくさんの予備校がある中で、どうしてスタディサプリがおすすめなのでしょうか。

というのも、スタディサプリは大学受験に必要なすべての機能を持ち合わせているからです。

質の高い授業が受けられる、無料で過去問が印刷できるなど、スタディサプリがあれば受験対策は完璧です。


僕自身、スタディサプリのおかげで大学受験を乗り切れました。

今や高校生の2人に1人が利用している、スタディサプリの凄さを解説していきます。

ぜひ参考にして、受験勉強に役立ててくださいね。



スタディサプリのメリット | おすすめのポイントは?

スタディサプリ メリット


ここからは、スタディサプリのメリットを解説していきます。

スタディサプリのメリットを簡単にまとめると、以下の8つです。


スタディサプリのメリット
  1. 授業料が破格の安さ
  2. 分かりやすさを追求した授業
  3. 豊富な合格実績
  4. 前学年の復習もできる
  5. 志望校に合わせた授業を選択できる
  6. AO入試、推薦入試にも対応
  7. センター試験、志望校対策も可能
  8. 過去問が無料で手に入る!

料金がとにかく安い

スタディサプリの料金設定は、破格ともいえる安さです。

月額980円で授業が見放題、過去問の無料印刷、入試のWeb出願など多くの機能が利用できます。

月額980円でこれほど充実した機能を利用できるのは、数ある教育サービスの中でもNo.1のコスパといえます。

予備校とスタディサプリの料金を比較してみましょう。


予備校 スタディサプリ
入学金 30,000 0
授業料 500,000 12,000
合計 530,000 12,000
※ 「大学受験勉強に関する調査」より『予備校・塾の月の平均授業料はいくらでしたか』
の問いに回答したユーザー調査より抜粋(2013年3月スタディサプリ調べ)
※ 塾・予備校によっては、入学金が不要な場合もあります。


スタディサプリ 料金


入学金や授業料の合計を比較すると、一年間で約51万円もスタディサプリの方がお得になります。

51万円というと、国公立大学の一年間の授業料に相当します。

大学一年間の授業料が節約できると考えると、スタディサプリはかなりお得な料金ですよね。

授業が短時間でわかりやすい

スタディサプリの授業は、一つのチャプターが10~20分で短くまとまっています。

学校の授業でありがちな「授業に内容を詰め込みすぎて分からなくなる」という事態を防ぎ、すべての授業内容を理解できます。


授業時間が短くて心配に思う方もいるかもしれませんが、心配はいりません。

授業時間が短い = 内容が薄い というわけではありません。

短時間で必要な知識のみを解説してくれるので、効率的です。

試しに、90秒の体験授業を見てみてください。



わずか90秒で、覚えるべきことが理解できたと思います。

短時間で授業が見れるので、通学中やテレビのCM中などスキマ時間を有効活用できます。

他の受験生よりも、多くの勉強時間を確保できますね。

難関大学への合格実績が豊富

スタディサプリは、難関大学への合格実績も豊富です。

2016年度、スタディサプリ利用者の2人に1人が東大、京大、早慶上智、関関同立、GMARCHなどの難関大学に合格しています。     


2人に1人が難関大学に合格というと「それってすごいの?」と思うかもしれませんが、かなり驚異的な合格率です。

他の予備校の合格実績と比較してみましょう。


難関大学への合格率 人数の割合
スタディサプリ 50% 2人に1人
河合塾※ 7.76% 13人に1人
東進ハイスクール※ 6.27% 16人に1人

河合塾や東進ハイスクールはそれぞれ16人に1人、13人に1人しか難関大学に合格していません。

スタディサプリは、2人に1人が難関大学に合格しています。

大手予備校は利用者数が多いので単純な比較はできませんが、スタディサプリに確かな合格実績があるのが分かります。

旧帝大や早慶をめざす方にも対応しているので、安心してスタディサプリを利用できますね。

高1、高2レベルから学習が可能!

スタディサプリでは、大学受験の授業のほかにも小学校、中学校、高校の授業が受け放題になります。

学年に関係なく見たい授業を見れるので、学び直しが可能です。


高3の4月に予備校に入る場合,高1と高2の知識がある前提で授業が進みます。

今まで勉強をしてこなかった方は、授業に置いていかれる可能性が高いです。

一度遅れを取ってしまった方が挽回するのは、かなり難しいといえます。

「せっかく予備校に通っているのに授業が役立たない」という事態が起こってしまいます。


スタディサプリの場合、中学や高1、高2の復習から勉強を始められます。

しっかりと基礎を固めてから、受験勉強をスタートできるのです。

現時点での学力に自信のない方でも逆転合格できる仕組みが揃っているので、安心できますね。

授業のレベルを選択できる

スタディサプリの授業は、3つのレベルに分かれています。

最難関大学をめざすトップレベル、難関大学をめざすハイレベル、一般的な大学をめざすスタンダードレベルです。

旧帝大や早慶などの名門大学から地元の大学まで、幅広い大学の入試に対応しています。

どのレベルの大学を受ける方でも、スタディサプリを利用できますね。


トップ ハイ スタンダード
最難関大学を目指す方向け 難関大学を目指す方向け 一般的な大学を目指す方向け

途中で志望校が変わった場合、授業のレベルを変更することも可能です。

スタディサプリはすべての授業が見放題なので、レベル変更の手続きなども不要です。

手間いらずで簡単なので、急激に偏差値が上がっても対応できますね。

AO入試、推薦入試にも対応

スタディサプリでは、AOや推薦入試の対策も行えます。

AO・推薦入試対策講座では、志望動機書の書き方やディベートのコツ、面接対策など独学では対策できない分野を勉強できます。

この授業を受けるだけで、AOや推薦入試に必要な知識が身につきます。

「AO・推薦入試の対策方法を探している」「一般入試からAO・推薦入試に変更しようとしている」という方にピッタリの授業ですよ!


AO・推薦入試対策講座

センター試験、大学別対策講座がある

スタディサプリでは、センター試験や各大学別の対策も行えます。


センター試験対策講座は、センター試験の過去問を分析して作成された授業です。

センター試験の出題傾向や問題形式に合わせて、授業が進みます。

無駄な勉強をすることなく、効率的にセンター試験対策が行えます。


スマホで解ける、センター試験対策の問題集もあります。

電車の待ち時間や休み時間などを活用して、センター試験の点数を底上げできます。

センター試験対策が完璧にでき、センター試験本番で8割以上の点数が取れるようになりますよ。


志望校対策講座は、各大学の過去問を分析して作成された授業です。

「MARCH対策」のように同レベルの大学をまとめて対策するのではなく、各大学に合わせた授業を受けられます。

志望校に必要な知識のみを、一気に吸収することができます。

基礎を固めた上で志望校対策講座を見れば、志望校の過去問を解くコツが身につきます。

入試本番でスラスラ問題を解き、合格点が取れるようになりますよ。

過去問が無料で手に入る!

スタディサプリでは、センター試験と各大学の過去問が無料で印刷できます。

180以上の大学の過去問が3年分揃っているので、十分な演習量を確保できます。


大学の過去問を購入すると、一大学につき1,500円~2,000円が必要です。

それらの過去問が月額980円で何冊でも手に入るので、過去問をGETするだけで元が取れますね。

スタディサプリの14日間無料体験期間中でも過去問の印刷ができるので、無料で過去問が手に入ります。

過去問を何冊も買うより圧倒的にお得なので、試してみてくださいね。

スタディサプリのメリットまとめ

まとめ


僕自身、今まで4つの塾や予備校に通っていました。

スタディサプリは、どの予備校に比べても非の打ち所がない優れたサービスです。

求めやすい価格設定、質の高い授業、レベル別授業、過去問の無料印刷などを総括すると、間違いなく他の予備校より優れています。


そういったことから当サイトでは、スタディサプリをおすすめしています。

しかし、これだけ優れたスタディサプリでも他の予備校より劣っている点もあります。

その点は、登録前に確認しておきましょう。


スタディサプリの登録方法は、こちらの記事(【まとめ】スタディサプリに登録する方法を解説してみる!)を参考にしてくださいね。