現代文 参考書 私大


現代文は、対策が難しい科目と言われています。

勉強がしづらく、勘で解いている方も多いと思います。

しかし、現代文は簡単に得点が伸ばせる科目でもあるのです。

一度コツを掴んでしまえば、安定して高得点を取ることができます。


今回は、そんな現代文の私大向けの参考書を紹介していきます。

どの参考書も実際に使用して、役立ったものばかりです。

上手く活用すれば、1ヶ月程度で現代文の偏差値がアップするでしょう。

ぜひ参考にして、受験勉強に活かしてくださいね。



現代文を勉強する際のポイントとは?

現代文 ポイント


まずは、現代文を勉強する際のポイントを3つまとめてみました。

ここで紹介することを頭に入れた上で、受験勉強を行ってくださいね。


現代文を勉強する際のポイント

  ・解説を読みこむ

  ・一度解いた問題は解かない

  ・漢字は勉強しない

解説を読み込む

現代文を勉強する際には、解答の解説を読み込むべきです。

現代文は、問題よりも解説の方が得られる情報が多いからです。

解説には、正答を導くためのプロセスや考え方が書かれています。

「この問題にはこう対処すべき」「この選択肢は排除していい」など、現代文を解く上で欠かせないテクニックが盛り込まれています。

解説に書かれていることを完璧に理解すれば、理論上100点を取ることも可能です。

どの問題集も解説に多くのページを割いているので、何度も読み込んでくださいね。


受験生時代に「現代文は運ゲーだから」といって現代文をまったく勉強しない友だちがいました。

彼はやみくもに問題を解き、点数に一喜一憂していました。

解説をきちんと読まずに、勘だけで解き続けたのですね。

結果、入試直前になっても国語の偏差値は伸びず。

志望校をワンランク下げていました、、

私大受験の場合、国語は3科目の中の重要な1科目です。

運任せにせず、きちんと対策を行いましょうね。

一度解いた問題は解かない

一度解いた問題は、解かないようにしましょう。

解いたことのある問題を解いても、得られるものは少ないです。

正答がわかっているので、誰でも正解できますからね。

模試や定期テストなどで「見たことのある問題が出題された」という経験がある方は多いと思います。

一度見た問題は、なんとなく解けてしまいます。

受験本番で見たことのある問題が出題されればラッキーですが、受験勉強の段階でそれをやっても意味はありません。

たくさんの問題に触れるようにして、効率的に得点力を伸ばしていきましょう。


予備校に通っていた頃、とても几帳面な友だちがいました。

彼女は100点満点を取らないと満足しないようで、同じ問題を何度も繰り返し解いていました。

一つの問題を完璧にこなすのは立派ですが、それだと他の問題に対応できません。

やはり、現代文の偏差値はあまり伸びなかったようです、、

完璧主義者は成功しづらいです。(受験に限らず何事も)

ある程度割り切って、要領よく受験勉強を行ってくださいね。

漢字は勉強しない

漢字を勉強する必要はありません。

漢字は配点が低く、そもそもあまり出題されないからです。

配点が低い分野に多くの勉強時間を割くのは、非効率的ですよね。

賢い受験生ならば、そんな無駄な勉強はしないはずです。


センター現代文 2018


センター現代文では、全40問中5問程度しか漢字の問題は出題されません。

たった12%しか出題されませんし、配点も低いです。

漢字を攻略するよりも、読解問題で点数を稼ぐ方が遥かに効率的ですよね。

配点も頭に入れた上で受験勉強ができると、志望校合格の確率もアップしますよ。

私大向けの現代文のおすすめ参考書5選

現代文 参考書 私大


ここからは、私大向けの現代文の参考書を紹介していきます。

どれも、僕が利用して良いと思ったものなので参考にしてみてくださいね。

田村のやさしく語る現代文


田村のやさしく語る現代文は、一番初めに解くべき参考書です。

現代文を読む上で欠かせないポイントが短くまとまっているので、わかりやすいです。

今までなんとなく現代文を読んでいた方には、必ず参考になる点があります。

中堅大学の過去問も収録されており、演習量も確保できるでしょう。

センターレベルの現代文なら、田村のやさしく語る現代文で解けるようになりますよ。

新・田村の現代文講義


新・田村の現代文講義は、中級者向けの参考書です。

田村のやさしく語る現代文よりも内容が濃く、難問にも対応できる力を身につけます。

筆者が厳選した過去問を8題も解けるので、演習量も十分に取れます。

きちんと最後まで解き終われば、MARCHレベルの現代文は問題ありません。

2冊目以降の参考書としては、非常におすすめできますよ。

現代文の実況中継


現代文の実況中継は、映像授業が受けられる参考書です。

付属のDVDを再生すると、現代文に関する映像授業を見ることができます。

本文を読む上での注意点や選択肢を選ぶうえでのポイントなど、現代文で高得点を取る方法がわかります。

映像授業なので、普通に参考書を進めるよりも視覚的に理解しやすいでしょう。

「予備校と同じ授業スタイルで勉強したい」という方には、現代文の実況中継が適していますよ。

現代文解法の新技術


現代文解法の新技術は、現代文を読む方法がわかる参考書です。

基礎から応用までを網羅しており、一冊解き終わる頃には模試などで高得点が期待できます。

覚えるべきポイントが端的にまとまっているので、一つひとつ確実に理解できます。

飽きっぽい方でも、安心して参考書を進められるでしょう。

「一冊ですべてを完結させたい!」という方には、現代文解法の新技術がおすすめですね。

全レベル問題集現代文


全レベル問題集現代文は、現代文の演習ができる問題集です。

レベル1~6まで発売されており、私大を受験する方はレベル4,5まで解くのがおすすめです。

志望校別にレベルが分かれているので、自分の志望校に合わせて解き進めましょう。

解説が詳しく、正答へのプロセスがわかりやすいです。

ここまで現代文の解説がわかりやすい問題集は少なく、一番おすすめできる問題集と言っても過言ではないです。

私大向けのおすすめ教育サービス3選

教育サービス おすすめ


ここからは、私大志望者におすすめの教育サービスを紹介していきます。

どれも、受験生から支持を集めているものばかりです。

もちろん、現代文の勉強もきちんと行えますよ。

スタディサプリ

スタディサプリ


スタディサプリは「神授業、見放題」というCMで有名なオンライン予備校です。

月額980円で大学受験対策の授業が受け放題になり、センター試験の過去問なども印刷し放題です。

平均的な予備校の授業料が月額45,000円と言われているので、コスパの面でも優れています。

受験生の2人に1人が利用しているサービスなので、実績も十分です。

もちろん、現代文の勉強も0から行えます。


進研ゼミ高校講座

進研ゼミ高校講座


進研ゼミ高校講座は、誰もが知っている通信教育です。

進研ゼミは、志望校別でカリキュラムが分かれています。

東大京大コース、難関私大コースなど9つのプランから好きなものを選択できます。

志望校に必要な力のみを身につけられるので、無駄なく効率的に受験勉強が行えます。

現代文の知識も基礎から身につけられ、良い方法ですよ。


Z会

Z会


Z会は、難関大学をめざす方向けの通信教育です。

旧帝大を中心とする難関大学への合格実績が非常に豊富です。

2016年度、Z会の合格実績を見ると東京大学1,137人、京都大学901人、早稲田大学2,907人、慶応義塾大学1,899人合格者を輩出しています。

これは、大手予備校と比較してもかなり立派な合格実績です。

教材の難易度は高いですが、きちんとこなせる方ならば心配いりません。

私大で求められる現代文の対策もバッチリ行えますよ。


まとめ

まとめ


以上が、私大志望者におすすめの現代文の参考書を紹介した記事でした。

「現代文は運で決まる」といったことを耳にしますが、そんなことは絶対ありません。

きちんと参考書を進め、正しい読み方をマスターすれば必ず偏差値は上がります。

そのためにも、今回紹介した参考書や教育サービスを上手く活用してください。

効率的に勉強できれば、1,2ヶ月程度で現代文の成績はグングン伸びます。

決して諦めずに、最後まで戦い抜いてくださいね。