スタディサプリ 高2政治経済


政治経済は、文系で受験する際の選択科目の一つです。

日本史や世界史など他の選択科目と比べると覚える量は少ないですが、その分より深い知識をつける必要があります。

受験勉強が本格化する高3になる前に、ある程度勉強を進めておくのが理想的です。


スタディサプリ高2政治経済講座では、政治経済を政治編と経済編の2つに分けて勉強します。

基礎知識から勉強するので、政治経済をまったく学習してない方でも得点力を身につけられます。

今回は、そんなスタディサプリ高2政治経済講座の評判を解説します!

ぜひ参考にして受験勉強に役立ててくださいね。



スタディサプリ高2政治経済講座のレベルは?

スタディサプリ レベル


スタディサプリの授業は、最難関大学をめざすトップレベル、難関大学をめざすハイレベル、一般的な大学をめざすスタンダードレベルの3つに分かれています。

旧帝大や早慶などの名門大学から地元の大学まで、幅広い大学の入試に対応しています。

どんなレベルを受ける方でも、安心してスタディサプリを利用できるのですね。


トップ ハイ スタンダード
最難関大学をめざす方向け 難関大学をめざす方向け 一般的な大学をめざす方向け

また、志望校が決まっている方もいれば、まだ決まっていない方もいると思います。

志望校を決めていない方は、スタンダードレベルから勉強を始めるのがおすすめです。

まずはスタンダードレベルを受けてみて、簡単すぎたらハイレベルやトップレベルを受けるのが良いでしょう。

スタディサプリはすべての授業が980円で受け放題なので、レベル変更の手続き等が必要ありませんよ!

スタディサプリ高2政治経済講座の授業を紹介!

スタディサプリ 授業


スタディサプリ高2政治経済講座の授業を紹介していきます。

スタディサプリ高2政治経済講座には、2つの授業が存在します。


高2政治経済講座の授業

  ・政治経済<政治編>

  ・政治経済<経済編>


これら2つの授業の授業内容やできることを確認していきます。

レベル別で解説するので、自分に合ったレベルを参考にしてくださいね。

政治経済<政治編>

政治経済<政治編>は、政治経済の政治分野について勉強する授業です。

政治分野について基礎から勉強を進めるので、政治分野の知識がない方でも授業を受けられます。

政治経済<政治編>を一通り見終わる頃には、政治分野の基礎問題はすべて解けるようになります。


授業で出てくる用語は基礎、応用、発展の3つに色分けされています。

3つに色分けされていることで「どの用語まで覚えるべきか」が明確になり暗記が効率化されます。

基礎の用語のみ出題される大学を志望する方が発展の用語まで覚えると、時間と労力の無駄になってしまいますよね。

志望校に合わせて覚えるべき用語が一目でわかるので、受験勉強の効率化に繋がるのです。


また、領土、領海、領空など文字だけではわかりにくい用語も図解を使って解説されるので理解しやすいです。

用語を文字だけで覚えてしまうと、一定の期間が経過すると忘れてしまうことがほとんどです。

文字だけの記憶は記憶に定着しづらいのですね。

しかし、人間の脳は図解を交えて説明されると記憶を定着させやすいのです。

スタディサプリの授業は、文字だけでは理解しづらい範囲は図解で解説されるので、一度覚えたことを入試本番まで忘れることなく勉強を進められますよ!


政治経済<政治編>

政治経済<経済編>

政治経済<経済 編>は、政治経済の経済分野について勉強する授業です。

経済分野について基礎から勉強を始めるので、経済分野の知識がない方でも授業を受けられます。

政治経済<経済編>を一通り見終わる頃には、経済分野の基礎問題はすべて解けるようになりますよ。


授業は、知識の確認と問題演習を同時進行で行っていきます。

高校生の多くはインプットに多くの時間を割きがちです。

もちろん、インプットを行うことは必要なのですが、同時にアウトプットも行わないと「どのような問題が出題されるのか」「どうやって正答を導くのか」がわかりません。

インプットのみ行っている方が受験直前で過去問を解いても合格点は取れませんよね。


インプットとアウトプットを同時進行で行うことで、効率的な受験勉強に繋がるのです。

政治経済<経済編>では、知識の確認と問題演習をバランスよく行うので覚えたことを確実に頭に定着させられます。

「前に勉強したけれど忘れてしまった」という事態を防ぐことができ、周りの高校生に差をつけることができます!


政治経済<経済編>

どうやって授業は進むの?

どうやって授業は進むか


スタディサプリの授業の進み方を解説していきます。

スタディサプリの授業は基本的に、ポイントを理解する ⇒ 問題を解く という順番で進んでいきます。

知識のインプットを行った後に演習でアウトプットを行えるので、一度覚えたことを忘れにくく効率的といえます。

そんなスタディサプリの授業を進み方を確認していきましょう!

ポイントを理解する

ポイント 理解


まずは、授業を聞いてポイントを理解します。

その授業で必ず覚えておくべきことが解説されるので、必ず最後まで受けましょう。

その後、テキストの問題を解き授業内容を確認します。

確認テストを解く

確認テスト 解く


最後に、確認テストを解きます。

確認テストは、その日学習した内容をテストするものです。

授業を最後まで受けていれば必ず解けるようになっています。

8割以上の正答率をめざして頑張りましょうね。

まとめ

まとめ


以上が、スタディサプリ高2政治経済講座の内容を紹介した記事でした。

深い知識の理解が求められる政治経済ですが、スタディサプリならば自分のペースで効率的に勉強を進められます。

参考書や予備校で勉強するよりも楽に暗記を行えるので、忙しい高校生には適しています。


スタディサプリの登録方法は、こちらの記事(【まとめ】スタディサプリに登録する方法を解説してみる!)を参考にしてくださいね。



もっと効率的に偏差値を上げたい場合は?


スタディサプリには、合格特訓プランがあります。

合格特訓プランでは、月額9,800円であなた専属のコーチが付きます。

学習プランの作成、質問・相談の回答をしてくれます。

すべて一人で進めるよりも、困ったときに頼れる方がいるのは安心です。


もしかすると、月額980円のベーシックプランと比べると高く感じると思います。

しかし、合格特訓プランでは予備校よりも圧倒的に安く受験勉強が行えます。



平均的な予備校は、年間で約53万円が必要です。

夏期講習や冬期講習などの料金も加えると、100万円近くになることもあります。


一方の合格特訓プランは、年間で約12万円です。

予備校と比べると、41万円もお得になります。

学費や生活費など、大学入学後にもたくさんのお金が必要になってきます。

大学受験にかける費用を抑えたい方にも、合格特訓プランが適していますよ。


合格特訓プランについては、こちらの記事(3ヶ月で偏差値13UP!スタディサプリ合格特訓プランの評価は?)を参考にしてくださいね。