予備校 ぼっち


「予備校に入ったばかりで友だちができない。予備校でぼっちになるとデメリットがあるのかな…」という悩みがある方は、多いと思います。

予備校では、グループができる可能性が高いです。

もともと仲が良かったり、同じ高校に通う生徒がグループになります。


一度関係が固定されると、なかなか割って入れないですよね。

知らない人の輪に入って、引かれても嫌ですし、、


そこで今回は、予備校のぼっち生活について解説していきます。

この記事を書いている僕は、中高合わせて4つの予備校に通っていました。

一般の方よりも、予備校業界には詳しいです。

ぜひ参考にして、受験勉強に活かしてくださいね。



予備校でぼっちを貫くのは危険

予備校 ぼっち


予備校でぼっちを貫くのは、非常に危険です。

友だちがいないと、不便なことが多いからです。

できることなら、数人話せる友だちを作っておくべきです。


予備校でぼっちを貫くのが危険な理由
  • たまには息抜きも必要
  • 予備校に行くのが辛くなる
  • 受験の情報が入らなくなる

たまには息抜きも必要

受験勉強において、息抜きは必要です。

人間が一日に集中できる時間は、4時間が限界と言われています。

一日中勉強しても、身につく知識は限られているのですね。


集中できる時間が限られているならば、勉強以外のこともした方が有効です。

買い物やゲームなど、趣味の時間も確保しましょう。

当然ながら、友だち付き合いもその一つです。

友だちと遊んでリフレッシュできれば、勉強の効率も上がりますからね。

予備校に行くのが辛くなる

友だちがいないと、予備校に行くのが辛くなります。

コミュニケーションが取れないので、疎外感を感じるからです。


学校で友だちが多いと、毎日楽しいですよね。

授業が終われば話をしたり、お昼ご飯を一緒に食べたりします。

友だちがいることで、学校に行くモチベーションになります。


そんな方が、予備校ではぼっちになると仮定します。

すると、とてつもない孤独感を感じるでしょう。

予備校に行くのが辛くなり、休みがちになる可能性もあります。


予備校を休む方が合格できるほど、大学受験は甘くありません。

受験勉強を継続するためにも、ぼっちにはならない方が良いでしょう。

受験の情報が入らなくなる

予備校でぼっちになると、受験の情報が入らなくなります。

受験生同士で、情報交換を行うことが多いからです。


受験生は、勉強を共通の話題にする方が多いです。

そのため友だちがいると、有効な情報を手に入れられる可能性が増えます。

効率的な勉強法やおすすめの学部など、ネットには出回らない情報も多いです。


友だちがいないと、せっかくの情報網を活用することができません。

友だちがいないだけで、大学受験を有利に進められないのです。

2~3人だけでも話せる友だちを作ると、安心ですね。

予備校で友だちを作るにはどうすればいい?

予備校 友だち


では、予備校で友だちを作るにはどうすればいいのでしょうか。

友だちを作る方法はいくつかありますが、今回は僕がおすすめする方法を2つ紹介します。


予備校で友だちを作る方法
  • 勉強の質問をする
  • 予備校終わりに話しかける

勉強の質問をする

勉強の質問をすると、友だちができやすいです。

予備校生にとって勉強は、一番身近な話題です。

誰でも話しやすく、仲も深まりやすいでしょう。


注意点を挙げるならば、勉強の質問をしすぎないことです。

基本的に、勉強の質問は講師やチューターに行ってください。


仲を深めるきっかけに勉強の質問をし、後に雑談などを行いましょう。

あまりに質問しすぎると、その方の勉強時間が減ってしまいますからね。

上手くバランス感覚を取り、仲良くなれるようにしてください。

予備校終わりに話しかける

おすすめの時間帯は、予備校終わりです。

予備校が終わると、一気に会話が始まることが多いです。

僕が通っていた予備校では、チャイムが鳴った瞬間に騒がしくなっていました。(笑)


予備校が終わると、みんなリラックスタイムに入ります。

緊張の糸が切れて、学生ノリになるのですね。

授業中は真面目な生徒でも、話しやすい雰囲気になります。


そこを狙って「今日の授業疲れたね」と、話しかけるのがおすすめです。

解放感も相まって、仲良くなれるチャンスです。

帰り道が同じならば、一緒に下校してもいいでしょう。

予備校終わりの時間を活用して、話しかけるのを狙ってくださいね。

予備校の人間関係が面倒なら

予備校 人間関係


予備校では、ぼっちにならない方が良いです。

予備校に行くのが辛くなりますし、受験の情報が入らなくなるからです。

何度も言いますが、話せる友だちを数人作っておくべきです。


しかしそうは言っても、友達付き合いが苦手な方もいますよね。

話すのが苦手で、人間関係がストレスになる方も少なくありません。

現代の若者はスマホ世代なので、対面のコミュニケーションが取れない方が多いです。

時代が原因の場合もあるので、仕方のないことです。


スタディサプリ


予備校でぼっちになるのが嫌な方には、スタディサプリがおすすめです。

スタディサプリは、PCやスマホで授業が受けられるオンライン予備校です。

月額980円で、すべての授業が見放題になります。

受験生の2人に1人が利用しており、急速に利用者を増やしています。


予備校で友だちができない方でも、スタディサプリならば安心です。

実際に通う必要がなく、いつでもどこでも授業が受けられるからです。

人間関係のトラブルなどもなく、快適に受験勉強が進められるでしょう。

14日間無料体験もあるので、試してみて合わなかったらやめられるのも良いですね。




Q.本当に月額980円なの?

A.はい。月額980円で授業受け放題、過去問の印刷し放題などあらゆる機能が利用できます。


Q.スマホだけで授業が受けられるの?

A.はい。スマホやタブレット、PCなどネットに接続できればあらゆる端末で利用できます。予備校と違い、移動時間がないのもメリットですね。


Q.どんな授業が受けられるの?

A.基礎を固める通年・科目別講座、センター試験の勉強を行うセンター試験対策講座、志望校別の勉強を行う志望校対策講座、AO入試や推薦入試の勉強を行うAO・推薦入試対策講座などがあります。


Q.難関大学にも対応しているの?

A.はい。スタディサプリの授業はスタンダードレベル、ハイレベル、トップレベルの3つに分かれており、旧帝大や早慶などをめざす方はトップレベルを受講してください。


Q.登録後いつから利用できるの?

A.登録したその日から利用できます。


Q.登録作業は面倒じゃない?

A.誰でも5分で登録できるようになっています。詳しい登録方法は、こちらの記事(【まとめ】スタディサプリに登録する方法を解説してみる!)を参考にしてみてくださいね。


まとめ

まとめ


以上が、予備校のぼっちに関する記事でした。

予備校でぼっちになるのは、おすすめしません。

単純に楽しくないですし、受験にも不利に働きます。

一人で予備校に通った思い出よりも、仲間と励ましあった方が思い出にも残りますし。


できるだけ、友だちを作る努力をした方が良いでしょう。

予備校での人間関係に悩んでいる方は、思い切って辞めるのもアリです。

ストレスを抱えたまま勉強しても、知識は身につきませんから。

勉強を投げ出してしまうよりは、予備校を辞めた方がましです。


現代ではスタディサプリなど、受験勉強を進められるサービスが充実していますからね。

視野を広く持って、受験生活を乗り切ってください!