予備校 服装


「予備校に通うことになったけど、どんな服を着ていけばいいか分からない。予備校に適した服装が知りたいな…」という方は、多いと思います。

ほとんどの高校生は、制服を着て学校に行きますよね。

対して、遊びに行くときは私服の方が多いでしょう。

では、予備校に行くときにはどんな服装をすればいいのでしょうか。


服装で浮くと、その後の予備校生活が辛くなります、、

できることなら、他の生徒に合わせた服装をチョイスしたいところです。


そこで今回は、予備校に適した服装を解説していきます。

この記事を書いている僕は、中高合わせて4つの予備校に通っていました。

一般の方よりも、予備校業界には詳しいです。

ぜひ参考にして、受験勉強に活かしてくださいね。



予備校の生徒はどんな服装をしている?

予備校 生徒 服装


まずは、予備校の生徒がどんな服装をしているか確認しましょう。

他の生徒の服装に合わせれば、少なくとも浮くことはありませんからね。

現役生と、浪人生に分けて解説していきます。

現役生の服装

現役生は、平日が制服で休日が私服です。

平日は学校終わりに予備校に来るので、制服の生徒がほとんどです。

ざっと見た感じ、9割以上が制服を着用していました。


休日は、やはり私服メインです。

土曜日も学校がある生徒がいるので、全員ではありません。

大体、8割の方が私服を着用していました。


みんながオシャレをしているわけではなく、中学生みたいな服装の方もいました。(笑)

予備校に慣れれば格好にも気を遣わず、ラフな服装の方が多いですね。

浪人生の服装

浪人生は、当然ながら全員私服です。

予備校に入ったばかりの頃は、大学生のようなオシャレ私服を着ていた方が多いです。

しかし、予備校に慣れてくるとジャージのような着やすい服装が増えていました。


入試直前ともなると、皆さん私服のローテーションは固定されていましたね。

気取ることなく、楽な服を着るのが一番おすすめです。

予備校の服装は何でもOK

服装 なんでもOK


予備校の生徒は、割と適当な服装で授業を受けます。

なので、無理にオシャレをする必要はないでしょう。


予備校の服装が何でもいい理由
  • 予備校は勉強をする場所
  • 誰もあなたの服装を気にしていない
  • 大学生になればオシャレを意識する

予備校は勉強をする場所

当たり前ですが、予備校は勉強をする場所です。

遊ぶために予備校に行くのでは、ありません。

服装選びに時間をかけていないで、勉強するべきです。


メンタリストのDaiGoさんによると、人間が一日のうちに意思決定できる回数は限られているそうです。

服装選びに労力を使うと、その分勉強の効率が落ちてしまうのですね。


Apple共同設立者のスティーブジョブズは、毎日同じ服を着ていたことで有名です。

新機種発表の場でも、黒のタートルネックと青のジーンズを着ていました。


スティーブジョブズ


「ジョブズのように毎日同じ服を着ろ」と言っているのでは、ありません。

しかし、勉強の効率を上げるにはある程度、服装を固定するのも重要です。

決まったローテーションを作れば、服装選びに時間がかかりませんからね。

誰もあなたの服装を気にしていない

そもそも、誰もあなたの服装を気にしていません。

よほど個性的な服装なら別ですが、他の生徒の服装を気にする人はいないでしょう。

逆に考えて、他人の服装なんて気にしないですよね。

気になる異性は別ですが、、(笑)


多少ダサい服でも、全然構いません。

ゆったりと着れる服を選びましょう。

大学生になればオシャレを意識する

大学生になれば、嫌でもオシャレを意識します。

さまざまな地域から学生が集まるので、みんな服装には気をつかいます。

当然、誰しもよく見られたいですからね。


なので、予備校生からオシャレをする必要はないと思います。

大学に入るまでは、勉強が一番の仕事です。

服装にこだわると、お金や時間を消費しますよね。

その分の労力を勉強に注いだ方が、遥かに効率的です。


参考書代や模試代など、勉強を続けるのにもお金がかかりますし。

無事大学に合格したら、思う存分オシャレにこだわりましょう。

どうしても予備校でオシャレをしたいなら

予備校 オシャレ


予備校では服装を気にする必要がない、というのが僕の結論です。

きちんと勉強に集中すれば、服装を意識する暇はありませんからね。


しかし「そうは言っても私はオシャレにこだわりたい!」という方も、いると思います。

予備校に通うといっても、服装を気にする年頃ですもんね。

友だちや異性の目もあると、やはり最低限のオシャレは必要かもしれません。


毎日いろんな服を着ることで、予備校に通うやる気も上がりますし。

服装選びが間接的に、偏差値アップにつながる可能性もあります。


BULLANG GIRLS


予備校でオシャレをしたい方におすすめなのが、BULLANG GIRLSです。

BULLANG GIRLSは、10代20代向けのアイテムが格安で手に入る通販サイトです。

流行りの韓国ファッションやガーリーな服まで、何でも揃っています。

ほとんどのアイテムがプチプラなので、お金に余裕がない方でも安心です。


ワンタッチで購入できるので、洋服選びに時間がかかりません。

勉強の時間を確保しつつ、気軽にオシャレを意識できるでしょう。

7,000円以上で送料無料になるので、友だちと利用するのもアリですよ。


BULLANG GIRLS公式サイト


まとめ

まとめ


以上が、予備校での服装選びに関する記事でした。

予備校の現役生は制服、浪人生は私服の場合が多かったです。

ほとんどの生徒が服装を気にしていないので、着やすい服を選べば間違いないです。

予備校には、勉強のために来ていますからね。


ただ、毎日の服装にこだわることでモチベーションが上がるのも事実です。

過度にオシャレをする必要はありませんが、最低限身だしなみを整えるのはアリでしょう。

いずれにしても、自分に合った服装できちんと予備校に通ってくださいね。

あなたの大学受験が成功することを、願っています。