予備校 費用 安い


予備校選びの際に気になるのが、必要な費用ですよね。

家庭が裕福でなかったり、兄弟も予備校に通うとなると、安い予備校に通いたいと思います。

ご家族を思うことは、とても素敵なことです。


しかし、実際に予備校のサイトを見ても、詳しい料金が分からないことが多いです。

科目数や時期によっても、料金は変わりますからね。

そこで今回は、各予備校で一年間にかかる費用を比較してみました。


予備校ごとに資料を取り寄せて比較したので、正確な金額が分かります。

ぜひ参考にして、予備校選びに活かしてくださいね。



予備校の費用の平均額はいくら?

予備校 費用 平均額


まずは、予備校の費用の平均額を紹介していきます。

年間費用と入学金を合計した、金額を紹介します。

今回紹介する予備校の費用の平均額は、塾ナビを参考にしています。

国公立理系

年間費用 607,500円
入学金  92,500円
年間学費計 700,000円

国公立理系の予備校の平均額は、700,000円です。

12ヶ月で割ると月額は、約53,500円です。

国公立文系

年間費用 607,500円
入学金  92,500円
年間学費計 700,000円

国公立文系の予備校の平均額は、700,000円です。

12ヶ月で割ると月額は、約53,500円です。

私立文系

年間費用 588,500円
入学金  92,500円
年間学費計 681,000円

私立文系の予備校の平均額は、681,000円です。

12ヶ月で割ると月額は、約65,500円です。

費用が安い予備校ランキングを紹介!

予備校 費用 安い


費用が安い予備校をランキング形式で、紹介していきます。

費用が安い予備校のベスト5は、以下の通りです。


費用が安い予備校

   1位 スタディサプリ

   2位 代々木ゼミナール

   3位 東進ハイスクール

   4位 河合塾

   5位 駿台予備校

1位 スタディサプリ

スタディサプリ


年間費用 11,760円
入学金    0円
年間学費計 11,760円

スタディサプリの料金は、11,760円です。

12ヶ月で割ると、月額980円です。


スタディサプリは、PCやスマホで授業を受けるオンライン予備校です。

月額980円で、すべての授業が見放題になります。

過去問が印刷し放題になったり、スマホでセンター試験の問題集を解くこともできます。


スタディサプリからWeb出願もでき、非常に便利です。

偏差値を上げるだけでなく、大学受験のお手伝いをしてくれるのですね。

月額980円でこれだけのサポートが受けられるのは、数ある予備校の中でもコスパNo.1です。


2位 代々木ゼミナール

代々木ゼミナール


年間費用 384,000円
入学金  32,400円
年間学費計 416,400円

代々木ゼミナールの料金は、416,400円です。

12ヶ月で割ると、月額34,700円です。


代ゼミでは、1コマ90分の授業を行っています。

一般的な予備校は1コマ50~60分なので、代ゼミの90分授業は授業時間が長いです。

その分、1コマあたりの授業料が安くなるのでお得な予備校といえます。


90分授業で、月額3万円台の予備校は代ゼミだけです。

集団授業の予備校の中では、代ゼミが一番料金が安いですよ。



3位 東進ハイスクール

東進ハイスクール


年間費用 415,800円
入学金  32,400円
年間学費計 448,200円

東進ハイスクールの料金は、448,200円です。

12ヶ月で割ると、月額37,350円です。


東進ハイスクールは映像授業なので、集団授業の予備校よりも料金が安くなっています。

集団授業の予備校の場合、一つの授業ごとに講師が教壇に立って授業を行います。

講師の労働時間が長いので、その分生徒の授業料も高くなってしまいます。


映像授業の予備校の場合、講師が収録した授業をすべての校舎で流すことができます。

講師の労働時間が短く、生徒の授業料も抑えることができるのです。

東進ハイスクールは近年合格実績を伸ばしているので、おすすめの予備校のひとつです。



4位 河合塾

河合塾


年間費用 571,200円
入学金  30,000円
年間学費計 601,200円

河合塾の料金は、601,200円です。

12ヶ月で割ると、月額50,100円です。


代ゼミと同様、河合塾でも1コマ90分の授業を行っています。

1コマ90分で内容理解や問題演習などをこなすため、効率的に勉強を進められます。

大学受験では一科目の試験時間が90~120分くらいなので、長時間集中力を保つ必要があります。


河合塾の90分授業に慣れることで、入試本番でも集中力をキープしたまま本来の力を発揮できます。

代ゼミと比較すると少し割高に感じますが、それでもお買い得な予備校の一つです。



5位 駿台予備校

駿台予備校


年間費用 732,000円
入学金  30,000円
年間学費計 735,000円

駿台予備校の料金は、735,000円です。

12ヶ月で割ると、月額61,250円です。


駿台予備校は、理系の受験に強いことで知られています。

毎年数多くの受験生が、難関大の理系に合格しています。

講師や生徒のレベルも高く、厳しい環境に身を置きたい方に適した予備校といえます。

月額6万円台と少々高めですが、設備などのサポートも含めるとそこまで高くはないように感じます。



まとめ


まとめ


以上が、各予備校で一年間にかかる費用をまとめた記事でした。

予備校ごとの料金を比較した記事は少ないので、参考になれば幸いです

予備校を選ぶ際には、料金はもちろんですが授業内容も大切だと思います。


気になった予備校があれば、無料体験や資料請求などで実際に見て決めるのもおすすめです。

自分に合った予備校を見つけ、効率的な受験勉強を行ってください。

予備校選びのポイントは、こちらの記事(【大学受験】予備校選びのポイントを解説する!【失敗談も紹介】)を参考にしてくださいね。