予備校 恋愛


「これから予備校に通おうと思っている。予備校生は恋愛してもいいのかな…」という悩みがある方は、多いと思います。

受験生は、勉強することが仕事です。

毎日一生懸命勉強して、志望校合格をめざします。


ただ受験生と言っても、年頃の若者です。

やはり、異性の目が気になりますよね、、

受験勉強と恋愛の両立は、可能なのでしょうか。


そこで今回は、予備校生の恋愛について解説していきます。

この記事を書いている僕は、中高合わせて4つの予備校に通っていました。

ぜひ参考にして、受験勉強に活かしてくださいね。



予備校生が恋愛をするのはアリ

予備校生 恋愛


結論を言うと、予備校生が恋愛をするのはアリです。

恋愛をすることで、受験勉強にも有利に働くからです。

受験勉強と恋愛を両立できれば、一生の思い出もできますし。


予備校生が恋愛をするべき理由
  • 勉強の息抜きは必要
  • 二人三脚で受験生活を乗り切れる
  • 良いところを見せたくて頑張れる

勉強の息抜きは必要

受験勉強において、息抜きは必要です。

人間が一日に集中できる時間は、4時間が限界と言われています。

一日中勉強しても、身につく知識は限られているのですね。


集中できる時間が限られているならば、勉強以外のこともした方が有効です。

買い物やゲームなど、趣味の時間も確保しましょう。

当然ながら、恋愛もその一つです。

恋人と過ごす時間でリフレッシュできれば、勉強の効率も上がりますからね。

二人三脚で受験生活を乗り切れる

恋愛をすれば、二人三脚で受験勉強を乗り切れます。

辛い受験生活において、頼れる恋人がいるのは大きな救いです。

親や講師に言いづらいことでも、親身に話を聞いてくれるでしょう。


受験生活を送っていると、メンタルがやられる場面が出てきます。

「授業についていけない」「模試の点数が悪かった」などです。

そんな時に自分ですべてを抱え込むのは、非常に難しいです。

まだ十代の若者に、大きなプレッシャーは背負いきれません。


恋人がいれば、受験における悩みを相談することができます。

たとえ解決しなくても、話を聞いてくれる相手がいるだけで安心するものです。

二人三脚で受験生活を乗り切れば、二人の絆もより強固になっているでしょう。

良いところを見せたくて頑張れる

恋愛をすれば、受験勉強を頑張れます。

恋人には、良いところを見せたいですからね。

かっこいい自分をめざして、志望校合格を掴み取る可能性も上がります。


心理学用語で、アファメーションというものがあります。

誰かに目標を宣言することで、目標が実現しやすくなります。


本田圭佑 width=

元サッカー日本代表の本田圭佑選手も、アファメーションを活用していた一人です。

本田選手はインタビューや会見の際に「W杯で優勝する」と、大きな目標を口にしていました。

結果W杯で優勝することは叶いませんでしたが、日本代表として大きな成果を上げたことは事実です。

日本が誇る、世界的なサッカー選手ですからね。


受験勉強も同様で、目標を誰かに伝えることで実現に近づきます。

恋人に目標を話せば、必ず有効に作用します。

あなたの恋人ならば、想いを汲んで肯定してくれますからね。

予備校生が恋愛をする際の注意点

予備校生 恋愛 注意点

予備校生が恋愛をすると、良いことがたくさんあります。

しかし一方で、恋愛をする際の注意点も存在します。

きちんと志望校に合格するためにも、注意点を確認しておきましょうね。


予備校生が恋愛をする際の注意点
  • 会うのは月1~2回にしよう
  • 優先するのは受験勉強
  • 直前期は会うのを控える

会うのは月1~2回にしよう

恋人と会うのは、月1~2回までにしてください。

多く会うとその分、勉強時間が減ってしまうからです。


仮に、週一で恋人に会うとしましょう。

好きな人と過ごす時間は、格別です。

一度会ったら、6時間くらいは一緒に過ごしたいですよね。


しかし、週に6時間でも積み重なると膨大な時間になります。

一か月で24時間、一年で288時間にもなります。

それだけの時間があれば、単語帳を一冊終わらせることができます。

合否が分かれる可能性も、あるでしょう。


合否が分かれて恋人とも別れるなんて、シャレになりません。

受験生の仕事は、勉強です。

会うのは月に1~2回にして、きちんと勉強を行ってくださいね。

優先するのは受験勉強

恋愛をしても、受験勉強を優先しましょう。

何度も言いますが、受験生の仕事は勉強です。

勉強を第一に考え、空いた時間に好きなことをします。


仮に志望校に合格できなかった場合、もう一年勉強しなければいけません。

みんなが大学生なのに自分だけ勉強を続けるのは、非常に辛いです。

よほどメンタルが強い方でないと、心が折れてしまうかもしれません。


また、恋人との距離も開いてしまいます。

相手が忙しいと、何となく疎遠になりますよね。

受験に失敗して恋人と別れるとなると、目も当てられません。

きちんと志望校合格を果たし、大学生になっても恋愛を満喫しましょうね。

直前期は会うのを控える

恋愛をしても、直前期は合うのを控えましょう。

直前期は、最後の追い込みをかけるべきだからです。


ほとんどの受験生は、直前期になると驚異的な勉強を始めます。

登校がなくなることもあり、一日10時間以上勉強する方も少なくありません。

過去問や復習など、やるべきことも多いですし。


そんな中あなたが恋人と会っていたら、合格は厳しいですよね。

今まで合格圏内にいても、一気に追い抜かされる可能性があります。

直前期もきちんを勉強をし、ラストスパートに励んでくださいね。

予備校生はどこで恋人を探すの?

予備校生 恋人探し


ここまで、予備校生は恋愛をするべきという話をしてきました。

恋愛で勉強のやる気が上がったり、息抜きが可能になります。

自由な予備校生だからこそ、恋愛を楽しむべきなのです。


そこで気になるのが、予備校生の出会い方です。

予備校内で相手を探そうにも、意外と話すタイミングがない場合が多いです。

同じ授業を受けても、周りの目もありますからね、、


CROSS ME


そこで紹介したいのが、CROSS MEというマッチングアプリです。

CRPSS MEでは、すれ違いを恋のきっかけにしています。

スマホの位置情報を活用し「いつ、どこで、何回すれ違ったか」を知らせてくれます。

まだ他人のはずなのに、どこか他人に思えないのが不思議です。


気になった相手には「いいね!」を送ることができます。

「いいね!」がきた場合「ありがとう!」を返すことができます。

お互いが反応すると、2人だけのチャットを利用できます。

趣味などの話を通じて、お互いが恋愛に発展していくでしょう。


正直、マッチングアプリを運営している会社は怪しいことが多いです。

サクラを入れていたり、本当は出会えないなど、問題も指摘されています。

しかし、CROSS MEは安心です。

Abema TVやアメブロを提供している、サイバーエージェントが運営しているからです。


まっとうな会社が運営しているので、悪質なユーザーは排除されています。

健全に出会いを求める方のみが、利用できるようになっています。

CROSS MEを利用すれば、受験生活中も恋人には不自由しませんよ。


CROSS ME公式サイト

まとめ

まとめ


以上が、予備校生の恋愛に関する記事でした。

受験勉強も大切ですが、恋愛も同様に大切です。

一度しかない人生の若い期間を勉強のみに使ってしまうのは、あまりにもったいないですからね。


勉強と恋愛を両立させ、最高の受験生活を送ってください。

志望校に合格し恋人もできれば、理想的な大学生活を送れるでしょう。

一年間すべてのことに真面目に取り組み、結果を残してくださいね。

あなたの大学受験が、成功することを祈っていますよ。