スタディサプリ 料金


スタディサプリでは、月額980円という低価格で授業が見放題になります。

予備校の料金と比較しても、月額980円は破格の安さです。

大学受験のサービスの中では、No.1のコスパといえます。


しかし「本当に月額980円だけなのか」「支払い方法が分からない」など疑問を持つ方も多いと思います。

利用し始めてから、想定外のお金を取られたら嫌ですもんね。

そこで今回は、スタディサプリの料金体系を解説していきます。

最後まで読めば、スタディサプリの料金に関する疑問が解決しますよ。



スタディサプリの料金は?

スタディサプリ 料金


スタディサプリには、2つのプランがあります。

月額980円のベーシックプランと、月額9,800円の合格特訓プランから選択できます。

2つのプランで料金が異なり、できることが違うので自分に合ったプランを選択してくださいね。


スタディサプリのプラン

  ・ベーシックプラン

  ・合格特訓プラン

ベーシックプラン 月額980円

ベーシックプランは、月額980円のプランです。

月額980円で授業が受け放題、過去問が印刷し放題、Web出願などが可能になります。

大学受験に必要なすべてのコンテンツが利用できます。


予備校に通うと月額5~10万円かかることがほとんどです。

月額980円で大学受験の勉強ができるのはかなりコスパがいいです。

受験にかかる費用を抑えられるのは、家庭にも優しいですよね。

自分で受験勉強を行える方に、特におすすめのプランです。


あえて欠点を挙げるとするなら、質問や添削ができないことです。

受験勉強を進めていると、疑問に思う点やわからない部分が出てきます。

そんなときに素早く解決できないのは、デメリットになりうるかもしれません。

質問がしたくなった際の解決策は、こちらの記事(【対処法】スタディサプリでは質問ができない?解決方法は?)を参考にしてみてくださいね。

合格特訓プラン 月額9,800円

合格特訓プランは、月額9,800円のプランです。

ベーシックプランと同様に授業が受け放題、過去問が印刷し放題、Web出願が可能になります。

さらに、あなた専用のコーチが今やるべき学習の連絡や、勉強の質問に回答してくれます。

志望校合格まで万全のサポートを行ってくれます。 


コーチ全員が東京大学、早稲田大学、慶応義塾大学、一橋大学、東京工業大学のいずれかに在籍する方々です。

大学受験を勝ち抜いた経験を活かし、生徒目線で学習プランの作成などを行い、受験勉強の相談にも乗ってくれます。

「志望校まで偏差値が足りていない」「自分一人で勉強を進められるか不安」という方に、おすすめのプランです。

合格特訓プランについては、こちらの記事(3ヶ月で偏差値13UP!スタディサプリ合格特訓プランの評価は?)を参考にしてみてください。

スタディサプリのテキスト代は?

スタディサプリ テキスト代


スタディサプリの授業を受けるには、専用のテキストが必要です。

テキストには、授業の板書や学習した範囲の小問が収録されています。

そんなテキストを手に入れるには、お金がかかります。

テキスト購入にかかる費用を確認しておきましょう!

テキストは一冊1,200円

テキストは、スタディサプリの公式サイトから購入することができます。

テキストの料金は、一冊1,200円です。


テキスト一冊1,200円は高いように感じますが、実際はそれほど高くありません。

大学受験の参考書や問題集は多くが一冊1,000円前後ですし、赤本などの過去問は一冊2,000円以上することもあります。

大学受験に必要な費用だと考えれば、一冊1,200円のテキストは安い買い物と考えられます。

無料で印刷も可能

テキストは、無料で印刷することもできます。

1ページずつ印刷するので手間がかかりますが、無料で手に入れることができます。

「どうしても費用を安く抑えたい」という方には、印刷する方法が適しています。

関連記事:無料で印刷可能!スタディサプリのテキストを印刷する方法を解説

スタディサプリの支払い方法を解説!

スタディサプリ 支払い方法


スタディサプリの料金支払い方法は、3つから選択できます。

クレジットカード決済、キャリア決済、コンビニ決済の3つがあります。

それぞれの支払方法で特徴が異なるので、自分に合った方法で支払いを完了させてくださいね。


スタディサプリの支払方法

  ・クレジットカード決済

  ・キャリア決済

  ・コンビニ決済

クレジットカード決済

クレジットカード決済


クレジットカード決済では、申し込み月を基準月として12か月単位で料金を支払います。

毎月、月額の980円を自動で引き落とすことでスタディサプリが利用できます。

使用できるクレジットカードは、Visa / Master / JCB / Amex / Diners の5つです。

クレジットカードでの申し込みには保護者の同意が必要なので、保護者名義のクレジットカードを使用してくださいね。

キャリア決済

キャリア決済


キャリア決済では、Softbank、docomo、auのいずれかのキャリアの引き落としと同時に料金を支払います。

クレジットカード決済と同じで毎月、月額の980円を自動で引き落とすことでスタディサプリが利用できます。

ご利用限度額が各キャリアによって異なるので、確認してから利用してくださいね。

コンビニ決済

コンビニ決済


コンビニ決済では、申し込み月から2019年3月31日までの料金を一括で支払います。

例えば2018年5月に申し込むと、11ヶ月分の料金を支払うことになります。

支払いが完了後、スタディサプリが利用できます。


決済ができるコンビニはローソン、ファミリーマート、サークルK、サンクス、デイリーヤマザキ、ミニストップ、セブンイレブンの7つです。

また、支払期限は申込日から数えて7日以内です。

7日以上経過して支払いが確認できない場合、キャンセル扱いになってしまうので注意してくださいね。

まとめ

まとめ


以上が、スタディサプリの料金に関する記事でした。

料金プランや支払い方法など、わからなかった点が整理されたと思います。


スタディサプリは月額980円という価格ながら、多くのメリットが得られるサービスです。

上手く活用して志望校合格まで駆け抜けましょう!

スタディサプリの登録方法はこちらの記事(【まとめ】スタディサプリに登録する方法を解説してみる!)で紹介しているので、参考にしてみてくださいね。