スタディサプリ 不登校


今日、さまざまな理由で不登校になってしまう方は多いです。

通信制高校ナビによると、高校生の1.6%が不登校といわれています。

「どうしても学校に行けない」という方が高い割合で存在するのですね。


また、不登校の方の中には大学に進学しようと考えている方もいると思います。

しかし、学校に行っていないので予備校などにも通いづらいのではないでしょうか。

スタディサプリは自宅で授業を受けることができ、多くのサポートが受けられるので不登校の方に適しています。

不登校の方でも、学校に通う以上に効率的な受験勉強ができます。

今回は、そんなスタディサプリが不登校の方に適している理由を紹介します。

ぜひ参考にして受験勉強に活かしてくださいね。



スタディサプリが不登校の方に適している理由は?

スタディサプリ 不登校


不登校の方にスタディサプリが適している理由を紹介します。

理由を簡単にまとめると以下の3つです。


スタディサプリが不登校の方に適している理由

  1.いつでも授業が受けられる

  2.学び直しが可能

  3.カリキュラムを作成できる

いつでも授業を受けられる

スタディサプリは、PCやスマホで行う映像授業なのでいつでも授業が受けられます。

時間に関係なく勉強できるのは不登校の方に適しています。


予備校の場合は、高校の授業が終わる夕方~夜にかけて授業を行います。

高校に通っている方には適していますが、不登校の方は日中も勉強できる時間があります。

せっかく日中に時間があるのに、予備校の授業が始まる夕方まで時間を持て余すのはもったいないですよね。


スタディサプリは24時間いつでも授業が受けられます。

高校のように朝から授業を受けることもできますし、予備校のように夕方から授業を受けることもできます。

自分の生活リズムに合わせて受験勉強を進められるのです。

昼夜逆転してしまっている方や人と会うのが苦手な方でも、効率的に勉強できるのがスタディサプリの強みですね。

学び直しが可能

不登校の方は、学校で勉強しているはずの範囲を学習していません。

つまり学び残しがあるのです。

学習していない範囲をそのままにしてしまうと、基礎が抜け落ちてしまうので当然ながら受験に不利になります。

基礎から勉強し直す必要がありますね。


スタディサプリは小学講座、中学講座、高校講座、大学受験講座の4つが見放題です。

そのため、中学の範囲が不安な方や学習していない範囲がある方でも安心して学び直せます。

基礎を確実に理解することで、その後の受験勉強も効率的に進められます。

基礎を固めた後は、大学受験の授業を受けて志望校合格まで突き進みましょう!

カリキュラムを自分で作れる

スタディサプリには決まったカリキュラムがありません。

自分でカリキュラムを作成して勉強を進めていきます。


決まったカリキュラムがないので、逆転合格がしやすいといえます。

予備校の場合は決められたカリキュラムで勉強するので、途中から入った方は授業についていくのが難しいです。

基礎が抜け落ちている状態で勉強しても、偏差値を上げるのは難しいですよね。

カリキュラムが決まっている予備校で逆転合格をめざすのは、あまり効率的ではありません。


スタディサプリは自分でカリキュラムを組むので、学校の勉強に遅れてしまった不登校の方でも基礎~応用まで抜け目なく勉強できます。

自分のペースでどんどん範囲を終わらせ、一気に周りを追い抜くこともできます。

カリキュラムが決められていないスタディサプリは、逆転合格をめざす方にも適していますね。

まとめ

まとめ


以上が、不登校の方にスタディサプリが適している理由をまとめた記事でした。

「学校に行きたくても行けない」そんな悩みを持っている方は多いと思います。


現代では、学校や予備校に行かなくても勉強ができるサービスがあります。

一昔前とは異なり、さまざまな選択肢があり自分で決められるのですね。

高校生活がうまくいかなかった方もスタディサプリで効率的に受験勉強を行い、楽しい大学生活を勝ち取ってください!


スタディサプリの登録方法は、こちらの記事(【まとめ】スタディサプリに登録する方法を解説してみる!)を参考にしてくださいね。



もっと効率的に偏差値を上げたい場合は?


スタディサプリには、合格特訓プランがあります。

合格特訓プランでは、月額9,800円であなた専属のコーチが付きます。

学習プランの作成、質問・相談の回答をしてくれます。

すべて一人で進めるよりも、困ったときに頼れる方がいるのは安心です。


もしかすると、月額980円のベーシックプランと比べると高く感じると思います。

しかし、合格特訓プランでは予備校よりも圧倒的に安く受験勉強が行えます。



平均的な予備校は、年間で約53万円が必要です。

夏期講習や冬期講習などの料金も加えると、100万円近くになることもあります。


一方の合格特訓プランは、年間で約12万円です。

予備校と比べると、41万円もお得になります。

学費や生活費など、大学入学後にもたくさんのお金が必要になってきます。

大学受験にかける費用を抑えたい方にも、合格特訓プランが適していますよ。


合格特訓プランについては、こちらの記事(3ヶ月で偏差値13UP!スタディサプリ合格特訓プランの評価は?)を参考にしてくださいね。