スタディサプリ 進研ゼミ


スタディサプリと進研ゼミは、どちらも大人気の教育サービスです。

テレビCMなども放送しており、認知度がとても高いです。

利用しようと考えている方も、多いのではないでしょうか。


しかし、スタディサプリと進研ゼミにどんな違いがあるのか分からない方もいるでしょう。

せっかく利用するなら、自分に合ったものを選択したいですよね。

そこで今回は、スタディサプリと進研ゼミの特徴を比較していきます。

ぜひ参考にして、自分に合った教育サービスを見つけてくださいね。



スタディサプリと進研ゼミを比較してみた!

スタディサプリ 進研ゼミ

料金は?どっちが安い?

スタディサプリ

スタディサプリには、2つのプランがあります。

月額980円のベーシックプランと、月額9,800円の合格特訓プランです。


ベーシックプランでは授業が見放題、過去問が印刷し放題、Web出願などが可能になります。

大学受験に必要なコンテンツが、すべて利用できます。

予備校と比較しても、No.1のコスパを誇るといえます。

自分で受験勉強を進める自信がある方に、おすすめのプランです。



合格特訓プランでは、ベーシックプランの機能がすべて利用できます。

そのほかに、あなた専属のコーチがつきます。


コーチ全員が東京大学、早稲田大学、慶應義塾大学、一橋大学、東京工業大学のいずれかに在籍する方です。

難関大学に合格した経験があるので、大学受験について知り尽くしています。

専属のコーチが学習プランの作成、勉強の質問回答などサポートを行ってくれます。

自分だけで受験勉強を進められるか不安な方に、おすすめのプランです。


関連記事:3ヶ月で偏差値13UP!スタディサプリ合格特訓プランの評価は?

進研ゼミ

進研ゼミは、選択する科目数によって料金が変わります。

1科目だと5,365円、2科目だと7,050円、3科目だと8,548円…

というように、不規則に料金が変動します。


進研ゼミ 料金 1
進研ゼミ 料金 2

スタディサプリと比較すると、少し高く感じるかもしれません。

しかし、予備校は毎月の授業料が数万円かかることも珍しくないです。

予備校と比べると、お手頃な料金といえます。

詳しい料金プランについては、進研ゼミ公式サイトを参考にしてくださいね。

授業内容は?何を勉強できる?

スタディサプリ

スタディサプリで主に使用する授業は、4つあります。

通年・科目別講座センター試験対策講座志望校対策講座AO・推薦対策講座の4つです。


一般入試をめざす方の勉強の流れは、以下の通りです。

通年・科目別講座で基礎を身につける ⇒ センター試験対策講座でセンター対策を行う ⇒ 志望校対策講座で最後の総仕上げ

基礎の定着やセンター対策、志望校対策などを行えます。

今まで勉強をしてこなかった方でも、0から実力を伸ばす環境が整っていますよ。


AOや推薦入試をめざす方は、AO・推薦入試対策講座を受けてください。

志望動機書の書き方や面接対策などを学んだ上で、参考書を使用して知識の定着を図るのがベストです。

自分に必要な授業のみを受けられるので、無駄なく最短ルートで志望校合格がめざせますね。


講座名 内容
科目別 大学入試の土台となる基礎力~入試に向けた総合力を身につける授業。
センター
対策
センター試験を分析し、出題頻度が高い問題を中心に対策できる授業。
志望校
対策
それぞれの志望校の出題傾向に合わせた対策を行う仕上げの授業。
A推入試対策 AO・推薦入試に必要な知識を0から学び、合格ラインまで引き上げる講座。
*AO・推薦入試対策の略

進研ゼミ

進研ゼミは、毎月届くテキストや問題集を解きます。

さらに添削課題を提出することで、志望校合格に必要な力を身につけます。


進研ゼミの教材は、主に3つあります。

基礎力をつける「エンカレッジ」、大学の過去問を分析して作成した「合格への100題」、担当の先生が添削してくれる「添削課題」の3つです。


教材名 内容
エンカレッジ 入試への基礎~実戦力まで養成できる教材。解説も詳しい。
合格への
100題
毎月10題を解いていく問題集。繰り返し解くことでかなりの得点力が身につく。
添削課題 途中の式や解答の表現を採点官の目線で見てもらうことで、記述式問題の解答力を強化できる。

進研ゼミもスタディサプリ同様、やるべきことが明確化されています。

何をやれば良いか、悩むことはないでしょう。

一人でも受験勉強を進められるのが、大きな強みです。

ま受験直前には赤本などを解いて、最後の仕上げを行ってくださいね。

その他のサービスは?

スタディサプリ

スタディサプリでは、センター試験と160以上の大学の過去問が印刷し放題です。

過去問を購入すると、一冊あたり2,000円かかります。

第二志望、第三志望の過去問も揃えると、過去問だけで10,000円を超えることもあります。


大学受験には多くのお金がかかるので、なるべく費用を抑えたいですよね。

月額980円で過去問が印刷し放題になるのは、かなりコスパが良いです。

過去問を一冊分印刷するだけで、もとが取れてしまいます。


受験直前に一ヶ月だけスタディサプリを利用することで、欲しい過去問を980円で入手することもできます。

どんな使い方にしろ、過去問が好きなだけ手に入るのはお得なサービスといえます。

進研ゼミ

進研ゼミには、教科質問サービスというものがあります。

教科質問サービスでは、分からない問題をスマホで質問できます。

問題を撮って送ることで、丁寧な解説が返ってきます。


通信教育を利用している方に、多い悩みが「質問ができない」というものです。

質問ができないと、分からない問題がそのままになってしまいます。

分からない問題が積み重なり、勉強に苦手意識が生まれてしまいます、、


進研ゼミでは、教科質問サービスで何でも質問できます。

つまづくことなく、確実に問題を解いていけるでしょう。

直接顔を合わせることがないので、基礎的な質問もしやすいのが良いですね。


どっちがおすすめなの?

どちらがおすすめか


スタディサプリと、進研ゼミの特徴を比較しました。

どちらのサービスも、質が高いのが分かったと思います。


唯一の違いとしては、授業形態が挙げられます。

スタディサプリは、PCやスマホで授業が受けられます。

進研ゼミは、テキスト教材を解いて学力を伸ばしていきます。

それぞれに向き不向きがあるので、自分に合った方を選択できると偏差値も上がりやすいです。


どちらも無料体験、資料請求が可能です。

後から後悔しないためにも、自分の目で確かめるのがおすすめですよ。

まとめ

まとめ


以上が、スタディサプリと進研ゼミを比較した記事でした。

通信教育って、違いが分かりにくいですよね。


しかし、それぞれに特徴や長所があります。

各サービスによってできることが違うので、自分に合った通信教育を選んでください。


スタディサプリの登録方法は、こちらの記事(【まとめ】スタディサプリに登録する方法を解説してみる!)を参考にしてくださいね。



もっと効率的に偏差値を上げたい場合は?


スタディサプリには、合格特訓プランがあります。

合格特訓プランでは、月額9,800円であなた専属のコーチが付きます。

学習プランの作成、質問・相談の回答をしてくれます。

すべて一人で進めるよりも、困ったときに頼れる方がいるのは安心です。


もしかすると、月額980円のベーシックプランと比べると高く感じると思います。

しかし、合格特訓プランでは予備校よりも圧倒的に安く受験勉強が行えます。



平均的な予備校は、年間で約53万円が必要です。

夏期講習や冬期講習などの料金も加えると、100万円近くになることもあります。


一方の合格特訓プランは、年間で約12万円です。

予備校と比べると、41万円もお得になります。

学費や生活費など、大学入学後にもたくさんのお金が必要になってきます。

大学受験にかける費用を抑えたい方にも、合格特訓プランが適していますよ。


合格特訓プランについては、こちらの記事(3ヶ月で偏差値13UP!スタディサプリ合格特訓プランの評価は?)を参考にしてくださいね。