受験勉強 音楽


「音楽を聴きながら受験勉強してもいいのか知りたい…」という方は、多いと思います。

好きな音楽を聴くと、テンションが上がります。

通学中など、音楽を聴きながら日常生活を送っている方もいますよね。

まさに「No Music, No Life」と、いったところでしょうか。


しかし、勉強中に音楽を聴いていいのか分からないですよね。

音楽を聴いて作業効率が下がったら、嫌ですし、、


そこで今回は、音楽を聴きながらの受験勉強について解説します。

この記事を書いた僕は、現役で早慶にダブル合格しました。

記事の信頼性は、確保されていますよ。

ぜひ参考にして、受験勉強に活かしてくださいね。



音楽を聴きながら受験勉強をするメリット

受験勉強 音楽 メリット


まずは、音楽を聴きながら受験勉強をするメリットを解説します。

メリットはいくつかありますが、大きく分けて以下の3つです。


音楽を聴きながら受験勉強をするメリット
  • 勉強のやる気が上がる
  • 眠くなるのを防止できる
  • 周りの雑音を無くせる

勉強のやる気が上がる

音楽を聴きながら勉強すると、やる気が上がります。

好きな音楽は、モチベーションを上げてくれるからです。


音楽を聴きながら日常生活を過ごす方は、多いと思います。

音楽を聴いていると、自然と上機嫌になれますよね。

気分が落ち込んでいる時でも、やる気が溢れてきます。


勉強を始める時でも、同様です。

大好きな音楽を流せば、嫌いな勉強もやってみるかという気になります。

音楽を聴くことで、勉強時間の増加にも繋がりますよ。

眠くなるのを防止できる

音楽を聴きながら勉強すれば、眠くなるのを防止できます。

無音よりも音楽がある方が、眠気覚ましになるからです。


長時間勉強していると、どうしても眠くなります。

脳を酷使しているので、当然です。

休憩するのが理想ですが、直前期など追い込みが必要な時もありますよね。


そんな時に音楽を聴くと、眠気を無くすことができます。

音楽が流れているのに、寝れる人は少ないですからね。

結果的に、周りの受験生よりも長く勉強ができます。


ただ、どうしても疲れている場合はきちんと休憩を取るのがおすすめです。

受験勉強の息抜き方法も解説しているので、参考にしてくださいね。

周りの雑音を無くせる

周りの雑音を無くせるのも、音楽をかけるメリットです。

イヤホンで耳を塞ぎ、音楽だけを聴けるからです。


普通に勉強していると、当然ながら周りの音が聞こえてきます。

騒がしい場所で勉強する場合、余計にうるさくなります。

音に敏感な方は、集中力が削がれるかもしれません。


そんな時に音楽を聴けば、自分だけの世界に入ることができます。

落ち着いた音楽をかければ、リラックスした状態で勉強に集中できます。

どんな場所でも、安定した学習効率を発揮できるでしょう。

音楽を聴きながら受験勉強をするデメリット

受験受験勉強 音楽 デメリット


音楽を聴きながら受験勉強すると、多くのメリットがあります。

しかし一方で、音楽を聴くデメリットが存在するのも事実です。

後から後悔しないためにも、デメリットの部分も知っておきましょう。


音楽を聴きながら受験勉強をするデメリット
  • 暗記の効率が落ちる
  • 入試本番では音楽を聴けない

暗記の効率が落ちる

音楽を聴きながら勉強すると、暗記の効率が落ちてしまいます。

聴覚からの情報が、遮断されてしまうからです。


暗記を行う際は、五感をフル活用した方がいいです。

視覚だけでなく、聴覚も利用しましょう。


具体的に言うと、リスニングの音声を聴きます。

英単語の正しい発音が聴けるので、ただ読むよりも効率的に覚えられます。

ただ音楽を聴くより、リスニングの音声を聴く方が短時間で暗記できますよ。

入試本番では音楽を聴けない

当たり前ですが、入試本番では音楽を聴けません。

なので、常に音楽をかけるのはやめた方が良いでしょう。


普段音楽を聴いていると、音楽を流すのが当たり前になります。

入試本番の無音状態で、本来の実力を発揮できない可能性があります。

人は、普段とは異なる状態に弱いですからね。


入試本番では、ただでさえ緊張しています。

それに加えて無音状態にとなると、頭が真っ白になるかもしれません。

志望校合格を掴み取るためにも、入試本番を意識して勉強してくださいね。

科目によって音楽との相性が変わる

音楽 科目 相性


また、科目によって音楽との相性が変わります。

音楽が適する科目と、そうでない科目の2種類があります。

科目別の相性を確認して、効率的に受験勉強を攻略しましょう。

演習系の科目は音楽がOK

演習系の科目は、音楽を聴きながら勉強してOKです。

数学や日本史の演習問題などが、対象です。


演習系の科目では、新たな知識ではなく今ある知識を使います。

頭をフル回転させるわけではないので、音楽が邪魔になりづらいです。

むしろ音楽が流れていることで、リズムに乗って問題を解けます。

体感時間も短くなり、いいことづくしですよ。

暗記系の科目は音楽がNG

暗記系の科目は、音楽を聴きながらの勉強がNGです。

英単語や古文単語などの暗記が、対象です。


暗記系の科目は、五感を使って覚えるべきです。

先ほども言いましたが、視覚や聴覚を活用して暗記しましょう。

リスニングの音声などを聴くことで、短い時間で暗記することができます。

音楽を聴くよりも効率的なので、覚えておいてくださいね。

受験勉強におすすめの音楽を解説!

受験勉強 おすすめ音楽


では、僕が実際に聴いていた音楽を紹介します。

どれもリラックスでき、勉強に集中できるものばかりです。

どんな音楽を聴くか迷っている方は、参考にしてくださいね。

作業用BGM




作業用BGMは、勉強に最適な音楽です。

歌詞がない曲が多く、歌詞を聴いて邪魔になることもありません。

定番の人気曲が揃っているので、一度は聴いたことのある曲が見つかりますよ。

洋楽



洋楽もまた、勉強に最適な音楽です。

テンポが速い曲が多く、聴いているだけでテンションが上がります。

勉強のやる気が出ない時に、おすすめです。

英語のリスニング練習にもなりますよ。

リラックスサウンド



最後に紹介するのが、リラックスサウンドです。

落ち着いた音楽で、気持ちを癒してくれます。

勉強に集中しやすい環境が作れますよ。

まとめ

まとめ


以上が、受験勉強と音楽に関する記事でした。

音楽を聴きながら勉強することで、集中しやすいなどのメリットが生まれます。

しかし、入試本番では音楽は聴けないので注意が必要です。


また、科目ごとに音楽との相性があります。

演習系の科目は相性が良く、暗記系の科目は相性が悪いです。

暗記系の科目を勉強する際は、リスニングの音声などを聴くのがおすすめです。

五感をフル活用して暗記した方が、効率的に覚えられますからね。


音楽を有効活用して、受験勉強を乗り切ってくださいね!