スタディサプリ 理系


多くの高校では高2の時点で文系と理系に分かれて授業を行います。

理系では英語、数学、理科科目の3つを中心に学習します。

文系と理系のどちらが自分に向いているか見極めて、慎重に文理選択を行ってくださいね。


今回は、文理選択で理系を選択した方におすすめのスタディサプリの授業を紹介していきます。

受験勉強の進め方がわからない方でも、スタディサプリの通りに勉強するだけですぐに偏差値がUPします。

ぜひ参考にして効率的に受験勉強を行ってくださいね。



スタディサプリのレベルとは?

スタディサプリ レベル


スタディサプリの授業は、最難関大学をめざすトップレベル、難関大学をめざすハイレベル、一般的な大学をめざすスタンダードレベルの3つに分かれています。

レベルを細かく分けることによって知識の過不足をなくし、最短ルートで志望校合格に必要な力がつくのです。


トップ ハイ スタンダード
最難関大学をめざす方向け 難関大学をめざす方向け 一般的な大学をめざす方向け

志望校が明確に決まっている方もいれば、まだ決めていない方もいると思います。

志望校を決めていない方はスタンダードレベルから勉強を始めるのがおすすめです。

まずはスタンダードレベルを受けてみて、簡単すぎたらハイレベルやトップレベルを受けるのが良いでしょう。

スタディサプリはすべての授業が980円で受け放題なので、いつでもレベルを変更できますよ!

スタディサプリの理系でおすすめの授業は?

スタディサプリ おすすめ


理系を選択した方におすすめのスタディサプリの授業を紹介していきます。

今回、紹介する授業は以下の3つです。


理系におすすめの授業

  ・高3英語<読解編>

  ・高3数学ⅠAⅡB

  ・高3物理

高3英語<読解編>

高3英語<読解編>は、大学受験で出題される長文問題を解いていく授業です。

短文読解 ⇒ 中文読解 ⇒ 長文読解と、授業が進むにつれて読める文量を増やしていきます。

いきなり長文読解を行うのではなく、短文や中文から読解を始めることで確実にレベルアップできるのです。


授業を進めるごとに得点力を伸ばせるので、0から英語を勉強する方でも安心して進めることができますね。

高3英語<読解編>が一通り終わる頃には、志望校の過去問で合格点がめざせます。


高3英語<読解編 srcset= 1″ width=”404″ height=”535″ />
高3英語<読解編 srcset= 2″ width=”404″ height=”243″ />

高3英語<読解編 srcset= 3″ width=”404″ height=”534″ />
高3英語<読解編 srcset= 4″ width=”404″ height=”242″ />

高3英語<読解編 srcset= 5″ width=”404″ height=”390″ />
高3英語<読解編 srcset= 6″ width=”404″ height=”389″ />

高3数学ⅠAⅡB

高3数学ⅠAⅡBは、大学受験の数学ⅠAⅡBで必要な力を身につける授業です。

実際に出題された入試問題を使用して得点力を伸ばすので、短期間で一気に実力がつきます。


1~24講では、入試問題を解くために必要な公式や解法を単元別で勉強します。

基礎的な内容ですが、受験勉強を攻略するには必ず覚えておくべき範囲です。

基礎が身に付けば、志望校の過去問の半分以上は解けるようになります。


25~48講では、単元別の学習に加えて総合問題で考え方の幅を広げ、融合問題にもチャレンジします。

難関大学で出題される複雑な内容の問題も解けるようになるので、周りの受験生に差をつけることができます。

すべての授業を終える頃には、志望校の過去問で満点近い点数が取れるようになりますよ。


高3数学ⅠAⅡB 1
高3数学ⅠAⅡB 2
高3数学ⅠAⅡB 3

高3数学ⅠAⅡB 4
高3数学ⅠAⅡB 5
高3数学ⅠAⅡB 6

高3数学ⅠAⅡB 7
高3数学ⅠAⅡB 8
高3数学ⅠAⅡB 9

高3物理

高3物理では、大学受験に出題される物理を攻略するための授業です。

何を覚えるのか、また何を覚えなくてよいのかを明確にした上で授業を行います。

多くの大学で出題される問題のみを勉強するので、無駄なく効率的に得点力を向上させられます。


また、頻出の問題だけでなく正しい知識や思考力が身につく問題も勉強します。

旧帝大や早慶をめざす方でも安心して志望校に対応できるのです。

効率よく物理の点数が伸びるカリキュラムといえます。

一通りの授業を受け終わる頃には、物理の過去問で合格点が取れるようになります。


高3物理 1
高3物理 2
高3物理 3

高3物理 4
高3物理 5

まとめ

まとめ


以上が、スタディサプリの理系でおすすめの授業を紹介した記事でした。

理系は文系と比べると暗記量は少ないですが、幅広い範囲を解けるようにする必要があるので受験勉強が難しいです。

高校受験までの勉強法で大学受験に挑むと、足元をすくわれるでしょう。


スタディサプリなら対策が難しい理系の受験勉強も効率的に行うことができます。

何を勉強したら良いのかわからない方や、0から受験勉強を始める方は参考にしてみてください。


スタディサプリの登録方法は、こちらの記事(【まとめ】スタディサプリに登録する方法を解説してみる!)を参考にしてくださいね。



もっと効率的に偏差値を上げたい場合は?


スタディサプリには、合格特訓プランがあります。

合格特訓プランでは、月額9,800円であなた専属のコーチが付きます。

学習プランの作成、質問・相談の回答をしてくれます。

すべて一人で進めるよりも、困ったときに頼れる方がいるのは安心です。


もしかすると、月額980円のベーシックプランと比べると高く感じると思います。

しかし、合格特訓プランでは予備校よりも圧倒的に安く受験勉強が行えます。



平均的な予備校は、年間で約53万円が必要です。

夏期講習や冬期講習などの料金も加えると、100万円近くになることもあります。


一方の合格特訓プランは、年間で約12万円です。

予備校と比べると、41万円もお得になります。

学費や生活費など、大学入学後にもたくさんのお金が必要になってきます。

大学受験にかける費用を抑えたい方にも、合格特訓プランが適していますよ。


合格特訓プランについては、こちらの記事(3ヶ月で偏差値13UP!スタディサプリ合格特訓プランの評価は?)を参考にしてくださいね。