スタディサプリ 東進ハイスクール


東進ハイスクールは、東大合格者数が日本一の予備校ですよね。

メディアに露出する講師も多く、近年人気のある予備校の一つです。

周りに通っている方も多いのではないでしょうか。

しかし、東進にどんな特徴があるのか詳しく知らない方も多いと思います。


せっかく利用するなら、自分に合っているか確認しておきたいですよね。

そこで今回は、東進と当サイトがおすすめするスタディサプリを比較していきます!

ぜひ参考にして、自分に合った教育サービスを見つけてくださいね。



スタディサプリと東進ハイスクールを比較してみた!

スタディサプリ 東進ハイスクール

料金は?

スタディサプリ

スタディサプリには、月額980円のベーシックプランと月額9,800円の合格特訓プランがあります。

ベーシックプランでは授業が受け放題になるほか、過去問が印刷し放題、Web出願手続きが可能など大学受験に必要なコンテンツが使い放題になります。

ベーシックプランは、予備校などと比較してもNo.1のコスパを誇るといえます。

自分で大学受験の勉強を進める自信のある方におすすめのプランです。


合格特訓プランではベーシックプランの機能のほかに、専属のコーチがつきます。

コーチ全員が東京大学、早稲田大学、慶応義塾大学、一橋大学、東京工業大学のいずれかに在籍する方々なので、受験勉強について知り尽くしています。

専属のコーチが週ごとの学習プランの作成、勉強の質問回答など受験勉強のサポートを行ってくれます。

自分だけで受験勉強を進められるか不安な方におすすめのプランです。

東進ハイスクール

東進の料金は入学金、担当指導料、講座受講料の3つに分かれています。

入学金と担当指導料は年間で32,400円、講座受講料は1講座75,600円です。


名目 料金
入学金
32,400円
担当指導料
32,400円
講座受講料
75,600円

私立文系の受験に必要な英語、国語、社会科目の3科目を受講する料金は…

75,600円×3=226,800円

1講座を見終わるのが、約3ヶ月といわれているので…

226,800÷3=75,600円

毎月の授業料が約75,600円です。


スタディサプリの月額980円、9,800円と比較するとかなり料金が高いです。

大手予備校の授業料としても、普通~やや高いに該当します。

料金も重要ですが、自分に合うかが大切なので無料体験に行ってみるのもおすすめですよ。

授業内容は?

スタディサプリ

スタディサプリで主に使用する授業は、通年・科目別講座センター試験対策講座志望校対策講座AO・推薦対策講座の4つです。

一般入試をめざす方は、通年・科目別講座で基礎を身につける ⇒ センター試験対策講座でセンター試験対策を行う ⇒ 志望校対策講座で最後の総仕上げ といった流れで勉強していきます。

また、AO・推薦入試をめざす方は、AO・推薦入試対策講座で志望動機書の書き方や面接対策などを学んだうえで、参考書を使用して知識の定着を図るのがベストです。

自分に必要な授業のみを受けられるので、無駄なく最短ルートで志望校合格をめざせるのです。


講座名 内容
科目別 大学入試の土台となる基礎力~入試に向けた総合力を身につける講座。
センター
対策
有名講師がセンター試験を分析し、出題頻度が高い問題を中心に対策できる講座。
志望校
対策
それぞれの志望校の出題傾向に合わせた対策を行う仕上げの講座。
A推入試対策 AO・推薦入試に必要な知識を0から学び、合格ラインまで引き上げる講座。
*AO・推薦入試対策の略

東進ハイスクール

東進も映像授業で授業を受けられます。

スタディサプリはPCやスマホで授業を見るのに対し、東進は校舎に行って授業を見る必要があるので部活などで忙しい高校生にとってはタイムロスになってしまいます。


また、東進の主な授業は通期講座、高速マスター講座、過去問演習講座、志望校対策特別講座の4つです。

通期講座と高速マスター講座で基礎を身につける ⇒ 過去問演習講座で応用レベルを身につける ⇒ 志望校対策特別講座で最後の仕上げ といった流れが東進ハイスクールの授業です。

どの講座も有名講師が授業を行うので、授業の質はかなり高いものです。


講座名 内容
通期講座 学習の核となる講座。自分に合った学力からスタートできる。
高速マスター講座 基礎学力を効率よく身につける講座。スマホでも受講可能。
過去問演習講座 入試本番で高得点を取るノウハウが詰まった講座。
志望校対策特別講座 志望校別に、入試本番での実戦力を身につけるための講座。

その他のサービスは?

スタディサプリ

スタディサプリでは、160以上の大学とセンター試験の過去問が印刷し放題です。

本来、過去問を購入すると一冊あたり2,000円かかります。

第二志望、第三志望の過去問も揃えるとなると、過去問だけで10,000円を超えることも珍しくありません。

大学受験には多くの費用がかかるので、なるべく費用を抑えたいですよね。


スタディサプリでは、月額980円で過去問が印刷し放題になるのでかなりコスパがいいです。

過去問を一冊分印刷するだけで、月額980円のもとが取れてしまいます。

また、受験の直前に一か月だけスタディサプリを利用することで欲しい過去問を980円で入手することもできます。

どんな使い方にしろ、過去問が印刷し放題なのはかなりお得なサービスといえます。

東進ハイスクール

東進は、質問への回答を行ってくれます。

学校の課題や問題集を解いている際に、わからない問題があればスタッフに持っていきます。

すると、スタッフがわからない問題の解説を行ってくれます。


教育サービスを利用している際に多くある悩みが「質問ができない」というものです。

質問ができないとわからない部分をそのままにしてしまうため、効率的に勉強を進められないのです。

東進では、スタッフに質問が行えるのでつまづくことなく確実に問題を解いていけます。

どんな基礎的な内容でも親切に答えてくれるので、安心して聞くことができますね。

どっちがおすすめ?

どちらがおすすめか


スタディサプリと東進の特徴を比較していきました。

スタディサプリは料金が安く、いつでもどこでも授業が受けられるのが大きな利点です。

東進は授業の質が高く、たくさんの授業があるのがいいと思います。


また、スタディサプリと東進はどちらも無料体験できるので、実際に体験してみて合う方を選ぶこともできます。

自分に合った教育サービスを見つけて、志望校合格まで突き進んでくださいね!

まとめ

まとめ


以上が、スタディサプリと東進ハイスクールの料金や授業について比較した記事でした。

どのような違いがあるのかわかりにくい教育サービスや予備校ですが、詳しく見ていくと様々な違いがあることがわかりました。

自分に合ったものを選び、効率的に受験勉強を進めてください。


スタディサプリの登録方法は、こちらの記事(【まとめ】スタディサプリに登録する方法を解説してみる!)を参考にしてくださいね。



もっと効率的に偏差値を上げたい場合は?


スタディサプリには、合格特訓プランがあります。

合格特訓プランでは、月額9,800円であなた専属のコーチが付きます。

学習プランの作成、質問・相談の回答をしてくれます。

すべて一人で進めるよりも、困ったときに頼れる方がいるのは安心です。


もしかすると、月額980円のベーシックプランと比べると高く感じると思います。

しかし、合格特訓プランでは予備校よりも圧倒的に安く受験勉強が行えます。



平均的な予備校は、年間で約53万円が必要です。

夏期講習や冬期講習などの料金も加えると、100万円近くになることもあります。


一方の合格特訓プランは、年間で約12万円です。

予備校と比べると、41万円もお得になります。

学費や生活費など、大学入学後にもたくさんのお金が必要になってきます。

大学受験にかける費用を抑えたい方にも、合格特訓プランが適していますよ。


合格特訓プランについては、こちらの記事(3ヶ月で偏差値13UP!スタディサプリ合格特訓プランの評価は?)を参考にしてくださいね。