電車 勉強 アプリ


「電車で勉強ができるアプリを知りたい…」という方は、多いと思います。

高校生のほとんどが通学に電車を利用しています。

通学中の電車で勉強できれば、スキマ時間を有効活用できますよね。

毎日の積み重ねで、他の受験生に差をつけることもできそうです。


そこで今回は、電車で勉強ができるアプリを紹介していきます。

僕が実際に利用していたアプリを8つ解説させていただきます。

どれも受験勉強の役に立つことは間違いありません。

僕は早慶にダブル合格した実績もあるので、信頼できると思います。

ぜひ参考にして、受験勉強に活かしてくださいね。



電車で勉強する際のポイントとは?

電車 勉強 ポイント


まずは、電車で勉強する際のポイントを紹介していきます。

ポイントは大きく分けて、以下の3つです。


電車で勉強する際のポイント

  ・他のアプリを開かない

  ・短い時間でも勉強する

  ・他の乗客の迷惑にならないように

他のアプリを開かない

電車で勉強するときは、他のアプリを開かないようにしましょう。

他のアプリを開いてしまうと、勉強する時間を奪われてしまうからです。

せっかくの勉強時間をネットサーフィンやSNSに費やしてしまうのは、もったいないです。

きちんと勉強時間を確保するためにも、他のアプリは無視してくださいね。


実際僕も、上手く勉強できなかった経験があります。

スマホで勉強しているとLINEやTwitter、インスタなどの通知が届きます。

ついつい通知が気になり、他のアプリを開いてしまいます。

「一瞬だけなら…」と思ったのが命取りに。


最寄り駅に着くまで、勉強を再開することはありませんでした、、

一度他のアプリを開いてしまうと、なかなか勉強に戻ることはできませんよね。

アプリの通知を切っておくのも、おすすめの方法でしょう。

短い時間でも勉強する

通学時間が短くても、勉強するようにしてください。

受験勉強というのは、積み重ねの勝負です。

一日5分や10分でも勉強するとしないでは、大きな差になります。

コツコツ努力を積み重ねた結果が、合否を分けるのです。

志望校合格を掴み取るためにも、地道な勉強を頑張りましょう。


僕は、通学時間が往復30分でした。

30分の通学時間をすべて勉強に充てていました。

一日30分でも一か月で15時間、一年で180時間になります。


難関大学に合格した方の平均学習時間が1,800時間と言われているので、通学中だけでかなりの勉強時間を稼ぐことができました。

受験に”もしも”はありませんが、もしも通学中に勉強していなかったら合格を逃していたかもしれません。

未来の合格のためにも、今日から始めましょうね。

他の乗客の迷惑にならないように

電車で勉強する際は、他の乗客の迷惑にならないようにしてください。

電車は、あくまでも公共の場です。

他の方に迷惑をかけないように注意する必要があります。

「自分さえ良ければいい」という考え方は、ダメですよね。


例えば「満員電車でリュックを下ろさない」「大声で会話している」などは、迷惑行為に当たります。

他の方に、無駄なストレスを与えていますよね。

勉強も同じで「満員電車でむりやり参考書を開く」など、他の乗客が不快に感じることはやめましょう。

最悪の場合、高校に連絡が来る可能性もあります。

最低限のマナーを守って、勉強を行ってくださいね。

電車で勉強ができるアプリ8選を紹介!

電車 勉強 アプリ


次に、電車で勉強ができるアプリを紹介していきます。

今回紹介するアプリは、以下の8つです。


電車で勉強ができるアプリ8選

  1.スタディサプリ

  2.Studyplus

  3.FLIP

  4.mikan

  5.大学入試対策問題集

  6.併願サーチ

  7.DAYS

  8.Spotify

スタディサプリ

スタディサプリ 高校講座/大学受験講座

スタディサプリ 高校講座/大学受験講座

Recruit Co.,Ltd.無料posted withアプリーチ


スタディサプリは、スマホで授業が受けられるアプリです。

月額980円で大学受験の授業が見放題になります。

毎月数万円かかる予備校と比べてもコスパが良く、急速に利用者を増やしています。

授業が見放題になるほかにも、過去問が印刷できたり、出願手続きも可能になります。

受験生には必須のアプリと言っても過言ではありません。

授業時間が5~10分でまとまっているので、通学中に利用しやすいのもメリットですね。

Studyplus

Studyplus

Studyplus

Studyplus Inc.無料posted withアプリーチ


Studyplusは、勉強量と勉強時間を記録できるアプリです。

勉強時間や使用した教材がきれいにグラフ化されるので、簡単に時間管理を行えます。

科目ごとの勉強時間の偏りをなくし、効率的な受験勉強が可能になります。

オリジナルのSNSで受験生と交流できるのも良いです。

受験勉強は孤独との戦いなので、お互いに励ましあえる存在がいるのは強いです。

大学受験が終わった後、オフ会なども期待できますし。

FLIP

FLIP-集中力 UP!スタディータイマー

FLIP-集中力 UP!スタディータイマー

Rinasoft Inc.無料posted withアプリーチ


FLIPは、勉強のスケジュール管理を行ってくれます。

集中して勉強した時間を日間、週間、月間のグラフで表示できます。

これまでと比べて勉強時間が増えたのか、減ったのかが一目で分かります。

また、一日のスケジュールも整理できます。

〇時からは英語、〇時からは数学、といったタイムテーブルを作成できるのです。

無駄な勉強をなくして、確実に勉強を消化できますよ。

mikan

英単語アプリ mikan

英単語アプリ mikan

mikan Co.,Ltd.無料posted withアプリーチ


mikanは、英単語の暗記が行えるアプリです。

ランダムに選ばれた英単語の意味を、10問解答していきます。

単語の定着率が分かるだけでなく、苦手な単語を抽出することもできます。

苦手な単語を後から振り返り、ニガテを潰すことも可能です。

自己判断でなく機械が分析してくれるので、正確なデータが分かりますね。

すべての単語に発音がついており、リスニング対策も可能ですよ。

大学入試対策問題集

大学入試対策問題集〜英文法〜

大学入試対策問題集〜英文法〜

SOLCREO Inc.無料posted withアプリーチ


大学入試対策問題集は、演習が行えるアプリです。

一問一答形式で、センター試験の範囲をカバーしています。

基礎問題が中心なので、考える時間が短くて済みます。

電車内でスマホを使って解くには、最適な問題ばかりです。

履歴も確認できるので、苦手な範囲をあぶりだすこともできます。

問題演習のアプリでは、一番おすすめできるでしょう。

併願サーチ

大学受験併願校検索アプリ『併願サーチ』

大学受験併願校検索アプリ『併願サーチ』

WIZE-NET Inc.無料posted withアプリーチ


併願サーチは、併願校を検索できるアプリです。

志望校を登録すると、おすすめ併願校が一覧で表示されます。

受験科目や受験方式など、調べても分かりづらい内容もすんなり理解できます。

「この科目で受けられるのは〇〇大学。」というように、条件を絞って検索することもできます。

大学受験で重要な志望校、併願校選びの手伝いをしてくれるのですね。

予備校などに通っていない方には、特におすすめのアプリです。

DAYS

あと何日 カウントダウン&カウントアップタイマー

あと何日 カウントダウン&カウントアップタイマー

Yoji Shimobayashi無料posted withアプリーチ


DAYSは、ロック画面にカウントダウンを表示させられるアプリです。

「センター試験まであと〇〇日」「模試まであと〇〇日」のような感じです。

カウントダウンが表示されることで、受験までの危機感を覚えることができます。

人間は、ギリギリになるかで動かない生き物です。

だらけてしまうのを防ぐために、見える場所に数字を置くのは重要です。

スマホを見ている間に罪悪感を持ち、受験勉強に集中できますね。

Spotify

Spotify -音楽ストリーミングサービス

Spotify -音楽ストリーミングサービス

Spotify Ltd.無料posted withアプリーチ


Spotifyは、音楽が聴けるアプリです。

4,000万以上の楽曲を聴くことができます。

「勉強中に音楽を聴くのはよくない!」という意見もありますが、僕はそうは思いません。

好きな音楽を流すことでモチベーションも上がり、集中力を高められます。

人間と音楽は切っても切れない関係なので、曲を聴きながら勉強するのもアリです。

もちろん、無音の方が集中できる方もいますけれどね。

まとめ

まとめ


以上が、電車内で勉強ができるおすすめのアプリを紹介した記事でした。

通学中の勉強は非常に有効です。

朝は頭が冴えているので、新しいことを学ぶには適しています。

一日5分、10分でも勉強するのとしないのでは、大きな差を生み出します。

小さな積み重ねが大きな力になり、受験本番であなたを助けてくれるでしょう。

今日できることを今から始め、憧れの志望校合格を掴み取ってくださいね。