スタディサプリ 東京大学


東京大学は、東京都の文京区にキャンパスを構える名門大学です。

日本一の難易度を誇り、世界大学ランキングでも46位につけるなど世界的にも有名な大学です。

数多くの進学校から優秀な生徒が受験してくるので、倍率以上に激しい戦いになるでしょう。

並大抵の努力では、合格できません。


そこで紹介したいのが、スタディサプリ。

スタディサプリでは、東大などの超難関大学をめざす方にも対応できるカリキュラムがあります。

やるべき授業を受けるだけで、過去問で合格点が取れるようになります。

今回はそんな、東大の合格に必要な授業を紹介していきます。



東京大学の難易度

東京大学 難易度


受験勉強を始める前に必要なのが、志望校のデータを集めることです。

志望校のことを徹底的に理解し、やるべきことを洗い出していきましょう。

今回は、一番重要ともいえる東大の難易度をまとめてみました。

センター試験について

以下が、マイナビ進学が発表した東京大学センター試験の得点率一覧です。


センター試験 偏差値


ほとんどの学部で、センター試験の得点率が90%必要です。

当然ながら、難易度が高いですね。

しかし、センター試験では教科書レベルの基礎知識が問われます。

そこでまずは基礎を固めて、センター試験で高得点をめざしましょう。


スタディサプリには、センター試験対策講座という授業があります。

過去問を分析して作られた授業なので、センター試験に出題されやすい問題のみを対策できます。

最後まで受ければ、センター試験で90%以上の得点率が期待できますよ。

二次試験について

以下は、マイナビ進学が発表した東京大学の偏差値一覧です。


二次試験 偏差値


どの学部も、偏差値が70近い数字です。

東大に合格するには、模試の偏差値を上げるだけではダメです。

東大の過去問に特化した、対策をする必要があります。


各大学によって出題傾向や問題形式は異なるので、志望校に合わせた対策を行いましょう。

スタディサプリには、志望校対策講座という授業があります。

志望校対策講座では、東大を含む30以上の大学を対策できます。

基礎を固めた後、得点力を底上げするにはピッタリですよ。

東大合格に必要なスタディサプリの講座

スタディサプリ 講座

各教科のトップレベル講座

スタディサプリでは、志望校に合わせたレベル別の授業を行っています。

レベルを分けることで知識の過不足をなくし、最短ルートで志望校に合格できる力をつけます。

入試までの日数が少ない方でも、安心して受験勉強を始められますね。


トップ ハイ スタンダード
最難関大学を目指す方向け 難関大学を目指す方向け 一般的な大学を目指す方向け

東京大学は、最難関大学に分類されます。

各科目のトップレベル講座を受け、基礎力を身につけましょう。


推奨するのはトップレベルですが、苦手な科目学習不足の科目がある場合はハイレベルやスタンダードレベルから学習を始めることもできます。

自分の学習状況に合わせてレベルを変更できるので、効率的に受験勉強が進められます。

実力がついてきたらトップレベルに変更して、更に得点力を伸ばしていきましょう!

東京大学対策講座

各科目のトップレベル講座が終わったら、東京大学対策講座を受けてください。

東京大学対策講座では、受験生によって差が出る問題を中心に対策します。

問題集などを解いて勉強するよりも、効率的に東大対策が行えます。


科目は、東大受験の核になる英語、数学、現代文の3科目を勉強します。

どの科目も東大を攻略する上では不可欠になる科目なので、まんべんなく勉強してください。

東京大学対策講座を一通り学習できれば、東大の過去問で合格点がめざせますよ。


東京大学対策講座 1

東京大学対策講座 2

東京大学対策講座 3

スタディサプリ受講生の東大合格体験記

東京大学 合格体験記


合格体験記は、いわば道しるべです。

学校の先生などに「この勉強法がおすすめだ」「一日当たり〇時間以上勉強するべき」と言われても、説得力に欠けますよね。

大学に合格した先輩からのほうが、受験のヒントになることを学べます。

そこで今回は、スタディサプリを利用して東大に合格した先輩の合格体験記をまとめてみました。

笠原慶亮さんの合格体験記

2016年度、東京大学の理科一類に合格した笠原さん。

高3の8月まで水泳部に所属しており、部活漬けの毎日だったそうです。

そんな彼の、一日の勉強スケジュールを紹介していきます。


合格体験記 1


部活があり勉強時間が取れない中で、登校中と寝る前にスタディサプリを利用していたようです。

スタディサプリは、部活や学校行事などで忙しい高校生に適しています。


予備校の場合は、決まった曜日や時間に授業を受ける必要があります。

規則的に勉強ができるのはいいですが、部活や学校行事で体力的に持たないこともあるでしょう。

疲れ切った状態で授業を受けても内容が頭に入らず、効率的とはいえませんよね。


スタディサプリの場合は、好きな時間に勉強ができます。

通学時間やテレビのCM中など、スキマ時間を受験勉強に充てられます。

多忙な学生生活を送っている方でも、空いた時間を勉強に使うことで偏差値アップが図れます。

忙しい高校生には、スタディサプリが適していますよ。

今成由季さんの合格体験記

2013年度、東京大学の文科一類に合格した今成さん。

東大以外にも早稲田、国際基督教にも合格したそうです。

そんな彼女の、一日の勉強時間を紹介します。


合格体験記 2


高3の二学期までは、平日にあまり勉強時間が取れなかったようですね。

その分、休日に多く勉強していたようです。


国公立を受験する方は、センター試験と二次試験の2つを対策する必要があります。

そのため、夏休みが終わるまでにセンター試験で安定して高得点が取れるようになるのが理想です。

勉強時間を何の勉強に割り振るのかまで、考えられるとベストですね。

効率的な受験勉強ができるように、考えるクセをつけましょう!

まとめ

まとめ


以上が、東京大学の合格に必要なスタディサプリの授業紹介でした。

当たり前ですが、東大はかなりの難関大学です。

全国各地の進学校から、受験生がやってきます。

簡単に合格できるわけありません。


しかし、諦めるには早すぎます。

スタディサプリを活用して日々勉強すれば、確実に合格に近づきます。

毎日の積み重ねが、入試本番で花開くのです。


目標は逃げません。

いつでも逃げるのは、あなたです。

人生の一大勝負である大学受験、逃げずに戦ってみませんか?


スタディサプリの登録方法は、(【まとめ】スタディサプリに登録する方法を解説してみる!)を参考にしてくださいね。



もっと効率的に偏差値を上げたい場合は?


スタディサプリには、合格特訓プランがあります。

合格特訓プランでは、月額9,800円であなた専属のコーチが付きます。

学習プランの作成、質問・相談の回答をしてくれます。

すべて一人で進めるよりも、困ったときに頼れる方がいるのは安心です。


もしかすると、月額980円のベーシックプランと比べると高く感じると思います。

しかし、合格特訓プランでは予備校よりも圧倒的に安く受験勉強が行えます。



平均的な予備校は、年間で約53万円が必要です。

夏期講習や冬期講習などの料金も加えると、100万円近くになることもあります。


一方の合格特訓プランは、年間で約12万円です。

予備校と比べると、41万円もお得になります。

学費や生活費など、大学入学後にもたくさんのお金が必要になってきます。

大学受験にかける費用を抑えたい方にも、合格特訓プランが適していますよ。


合格特訓プランについては、こちらの記事(3ヶ月で偏差値13UP!スタディサプリ合格特訓プランの評価は?)を参考にしてくださいね。