スタディサプリ 早稲田大学


早稲田大学は、東京都の新宿区にキャンパスを構える名門大学ですよね。

政治家やスポーツ選手、芸能人など著名な卒業生も多いです。


また、私立大学の中では慶應と並んでトップクラスの難易度を誇ります。

倍率が10倍近くなる学部もあり、簡単に入れる大学ではありません。

そこで紹介したいのが、スタディサプリ。


スタディサプリでは、早稲田の入試を攻略するためのカリキュラムが揃っています。

過去問で合格点が取れていない方でも勉強を進め、早稲田合格に近づけます。

今回はそんな、早稲田大学をめざす方におすすめのスタディサプリの講座を紹介します。

受験勉強を進める際の、参考にしてみてください。



早稲田大学の難易度は?

早稲田大学 難易度


大学受験を制するには、志望校のデータを分析することが大切です。

偏差値や倍率、合格最低点などを理解することが志望校合格への第一歩です。

まずは、早稲田の難易度を一般入試とセンター利用入試の2つに分けて見ていきましょう。

一般入試の難易度

以下が、大学受験パスナビが発表した早稲田大学一般入試の偏差値一覧です。


一般入試 難易度


やはり名門大学だけあり、どの学部も偏差値60以上を記録していますね。

なかでも政治経済学部は偏差値70を記録するなど、かなり難易度が高いです。

国公立、私立問わず日本トップクラスの学部といえます。


入りやすい学部という観点で見ると文系では教育学部、理系では想像理工学部がおすすめです。

スポーツ科学部も、偏差値60と早稲田の中では偏差値が低めです。

「学部に関係なく早稲田に入りたい」という方はチェックしてみるのがいいでしょう。


しかし、スポーツ科学部のキャンパスは埼玉県の所沢市にあります。

交通の便は悪めです、、

学部もスポーツに特化したことを学ぶので、注意が必要です。


気になる学部は、一度過去問を解いて見るのがいいです。

偏差値が高い学部でも「問題を解いたら意外と解けてしまった」というのは良くある話です。

過去問を解いて、相性のいい学部を探してみましょう。


スタディサプリでは各大学の過去問が無料で印刷できます。

14日間の無料体験期間中でも過去問が印刷できるので、かなりお得になっていますよ。

センター利用入試の難易度

以下は、大学受験パスナビが発表した早稲田大学センター利用入試の偏差値一覧です。


センター利用入試 難易度


センター利用入試に関しても、得点率90%が求められるなど狭き門になります。

早稲田のセンター利用は、東大や京大などの国公立を志望する方が滑り止め確保のために受験します。

一般入試で早稲田を受けるよりも、厳しい戦いになるでしょう。

早稲田を第一志望にする方は、一般入試で早稲田を受けてセンター利用で滑り止めを確保するのをおすすめします。


センター試験対策に困っている方は、スタディサプリセンター試験対策講座を受けてください。

数十年分のセンター試験を分析して作成された授業なので、効率的にセンター対策が行えます。

最後まで授業を受ければ、センター試験で8割以上の高得点がめざせますよ。

早稲田合格に必要なスタディサプリの講座

スタディサプリ 講座


早稲田は確かに難しい大学ですが、心配する必要はありません。

スタディサプリには、あなたを早稲田合格に導く授業がたくさん揃っています。

今回は、それらの講座の中でも早稲田を志望する方におすすめを紹介していきます!

各教科のトップレベル講座

スタディサプリでは、志望校に合わせたレベル別の授業を行っています。

レベルを分けることで知識の過不足をなくし、最短ルートで志望校に合格できる力をつけます。

入試までの日数が少ない方でも、安心して受験勉強を始められますね。


トップ ハイ スタンダード
最難関大学を目指す方向け 難関大学を目指す方向け 一般的な大学を目指す方向け

早稲田大学は、最難関大学に分類されます。

各科目のトップレベル講座を受け、基礎力を身につけましょう。


推奨するのはトップレベルですが、苦手な科目学習不足の科目がある場合はハイレベルやスタンダードレベルから学習を始めることもできます。

自分の学習状況に合わせてレベルを変更できるので、効率的に受験勉強が進められます。

実力がついてきたらトップレベルに変更して、更に得点力を伸ばしていきましょう!

早稲田大学対策講座

各科目のトップレベル講座が終わったら、早稲田大学対策講座を受けてください。

早稲田大学対策講座では、出題頻度が高い分野に絞って授業を行います。

出題されるであろう問題をピンポイントで対策できるので、一気に得点力を底上げできます。

今は過去問に苦戦している方でも、一通り授業が終わる頃には早稲田の過去問で合格点がめざせますよ。

早稲田大学対策講座 1

早稲田大学対策講座 2

早稲田大学対策講座 3

スタディサプリ受講生の早稲田合格体験記

早稲田大学 合格体験記


過去にスタディサプリを活用して、早稲田に合格した方々の合格体験記をまとめてみました。

「合格体験記なんて読んでも意味ないよ」と思う方もいるかもしれませんが、それは間違いです。

志望校に合格した先輩の合格体験記には、大学受験を成功させるためのコツが詰まっています。


一日の勉強時間や効果的な勉強法、時期によっての心境など先輩から学ぶことは多くあります。

それらの情報を参考にした上で、自分の受験勉強に活かせるのが一流の受験生といえるでしょう。

高林明日美さんの合格体験記

2016年度、早稲田大学の社会科学部に合格した高林さん。

もともとは中央大学を志望しており、早稲田も受験したそうです。

そんな彼女の、一日の勉強スケジュールを紹介していきます。


合格体験記 1


朝早めに登校し、勉強を進めていたようですね。

朝早めに学校に登校し、勉強を進めていたようですね。

朝の集中力がある時間帯の勉強は、脳がスッキリした状態で記憶できるので効率的です。


ほとんどの大学が、午前中から入試を行います。

体内時計を朝型にすれば、入試本番で100%の実力を出すことができます。

少なくとも一か月前には、早起きの習慣をつけておきましょう。


スタディサプリでは時間や場所に関係なく勉強できるので、朝型の勉強には向いています。

放課後疲れ切った状態で勉強するよりも効率がいいので、朝学習はおすすめですよ。

森大輔さんの合格体験記

2014年度、早稲田大学の教育学部に合格した森さん。

浪人生であり、高校生の時は偏差値が49しかなかったそうです。

そんな彼の、一年間のモチベーション推移を紹介します。


合格体験記 2


英語はトップレベル講座を受講し、長期間かけて基礎力を身につけたようですね。

入試前には早稲田大学対策講座を受講して、ラストスパートに励んだようです。

やはり早稲田専用の対策ができる、早稲田大学対策講座はかなり効率的です。


僕自身、周りのスタディサプリを利用していた方は志望校対策講座で大きく実力が伸びていました。

しかし、基礎が身についていない状態で志望校対策講座を受けても効果はありません。

ある程度の学習が住んでいる前提で、授業が進みますからね。


通年・科目別対策のトップレベル講座などを理解した上で、志望校対策講座を受けましょう。

スタディサプリのカリキュラムは正しい順番で勉強を行えば、確実に成績が上がりますよ。

まとめ

まとめ


今回は、早稲田大学の合格に必要なスタディサプリの授業を紹介しました。

早稲田大学は、簡単な大学ではありません。

全国各地から、勉強に自信のある受験生が受けてきます。


進学校に在籍する彼らを倒さないと、合格はできません。

しかし、心配はいらないでしょう。

トップレベル講座と早稲田大学対策講座を使って勉強を進めれば、どんどん偏差値が上がります。


この記事を読んで少しでもやる気が出た方は、今すぐ勉強してください。

すぐに行動できるかで、未来は変わります。

その手で志望校合格を掴み取れ!


スタディサプリの登録方法は、こちらの記事(【まとめ】スタディサプリに登録する方法を解説してみる!)を参考にしてくださいね。



もっと効率的に偏差値を上げたい場合は?


スタディサプリには、合格特訓プランがあります。

合格特訓プランでは、月額9,800円であなた専属のコーチが付きます。

学習プランの作成、質問・相談の回答をしてくれます。

すべて一人で進めるよりも、困ったときに頼れる方がいるのは安心です。


もしかすると、月額980円のベーシックプランと比べると高く感じると思います。

しかし、合格特訓プランでは予備校よりも圧倒的に安く受験勉強が行えます。



平均的な予備校は、年間で約53万円が必要です。

夏期講習や冬期講習などの料金も加えると、100万円近くになることもあります。


一方の合格特訓プランは、年間で約12万円です。

予備校と比べると、41万円もお得になります。

学費や生活費など、大学入学後にもたくさんのお金が必要になってきます。

大学受験にかける費用を抑えたい方にも、合格特訓プランが適していますよ。


合格特訓プランについては、こちらの記事(3ヶ月で偏差値13UP!スタディサプリ合格特訓プランの評価は?)を参考にしてくださいね。