スタディサプリ 横浜国立大学


横浜国立大学は、神奈川県の横浜市にキャンパスを構える名門大学ですよね。

神奈川の国立大学ではトップクラスの難易度を誇り、ブランド力も十分です。

就職実績も豊富で受験生からの人気が高い大学です。

当然ながら簡単に入れる大学ではありません。


スタディサプリでは、横国の入試を突破するためのカリキュラムが揃っているので受験勉強をしたことのない方でも、横国の合格をめざせます。

何としても横国に入りたい方、受験勉強のやり方がわからない方にはスタディサプリが適しています。

今回は、横国をめざす受験生におすすめのスタディサプリの講座を紹介していきます!

受験勉強を進める際の参考にしてみてくださいね。



横浜国立大学の難易度

横浜国立大学 難易度


まずは、横国の難易度を見ていきましょう。

大学の情報を正確に把握し、大学別の対策を立てることは非常に重要です。

横国は国公立なので、センター試験と二次試験の2つに分けて紹介していきます。

センター試験について

以下が、マイナビ進学が発表した横浜国立大学センター試験の得点率一覧です。


センター試験 偏差値


教育学部は多少センター試験得点率が低く、他の学部はセンター試験得点率が80%前後といったところでしょうか。

7~8科目の受験でセンター試験得点率を80%取るのは、なかなか難しいです。

強固な基礎力が求められるといえますね。


スタディサプリではセンター試験対策講座という授業があるので、センター試験対策専用の授業を受けられます。

センター試験対策対策講座は、センター試験で過去に出題された問題を分析した上で作成されているので、無駄なく効率的な受験勉強ができるのです。

センター試験対策講座を一通り見終わる頃には、センター試験の過去問で得点率80%が期待できます。

センター試験の対策に苦戦している方は、参考にしてみてくださいね。

二次試験について

以下が、マイナビ進学が発表した横浜国立大学の偏差値一覧です。


二次試験 偏差値


多くの学部が偏差値50~60前後と、なかなかの難易度です。

しかし、教育学部は偏差値55なので横国の中では狙いやすい学部といえるでしょう。

「学部にこだわらず横国に入りたい」という方はチェックしてみてください。


また、大学受験には問題との相性が存在します。

一見、難しそうに思える学部も問題を解いてみたら意外と解けてしまったということは多くあります。

そのため、一度すべての学部の過去問を見て解きやすい学部を確認してみましょう。

スタディサプリでは無料で各大学の過去問が印刷できるので、参考にしてみてくださいね。

横国合格に必要なスタディサプリの講座

スタディサプリ 講座

各教科のハイレベル講座

スタディサプリでは、志望校に合わせたレベル別の授業を行っています。

レベルを分けることで知識の過不足をなくし、無駄な勉強をせずに最短ルートで志望校に合格できる力をつけるのです。

入試までの日数が少ない方でも安心して受験勉強を始められるのですね。


トップ ハイ スタンダード
最難関大学を目指す方向け 難関大学を目指す方向け 一般的な大学を目指す方向け

横国は難関大学に分類されるので各科目のハイレベル講座を学習し、入試に向けた基礎力を付けていきましょう。

また、推奨するのはハイレベルですが、苦手な科目学習不足の科目がある場合は1つ下のスタンダードレベルから学習を始めることもできます。

自分の学習状況に合わせてレベルを変更できるので、効率的に受験勉強が進められるのです。

実力がついてきたらハイレベルに変更して、更に得点力を伸ばしていきましょう!

難関国公立対策講座

受験する各科目のハイレベル講座が終了したら、難関国公立対策講座を受けてください。

難関国公立対策講座では、横国の入試に必要な長文読解力や計算力を身につけることができます。

入試頻出の分野を中心に勉強するので、無駄なく得点に直結する対策が行えるのです。

難関国公立対策講座が終わる頃には、横国の過去問で合格点がめざせます。


また、難関国公立対策講座は効率的な受験対策が行える一方で、授業のレベルが高いです。

まずはハイレベル講座を受けて基礎知識を身につけた上で難関国公立対策講座を受け、さらなる得点力の向上をめざしましょう!


難関国公立対策講座 1

難関国公立対策講座 2

スタディサプリ受講生の横国合格体験記

横浜国立大学 合格体験記


ここまでで、横国の合格に必要なスタディサプリの講座を見てきました。

しかし、スタディサプリだけで本当に合格できるのか不安に思う方もいらっしゃるかもしれません。

そこで今回は、実際にスタディサプリを活用して横国に合格した方々の合格体験記を紹介します。

現在の自分と比較して勉強法などを改善できると良いですね。

吉田裕哉さんの合格体験記

2016年度、横浜国立大学の理工学部に合格した吉田さん。

テニス部に所属しており、部活漬けの毎日だったそうです。

そんな彼の一日の勉強スケジュールを紹介していきます。


合格体験記 1


学校や塾での勉強が終わった後、寝る前にスタディサプリで一日の復習をしていたようです。

もちろん、スタディサプリだけでも受験勉強ができますが予備校と併用する活用法もあります。

予備校の勉強をメインで行い、苦手な科目わからない分野をスタディサプリで補うという使い方もアリですよね。


また、スタディサプリでは各大学の過去問が印刷できるので、過去問が欲しいタイミングで一か月だけ登録するのもいいと思います。

980円で好きなだけ過去問が手に入るので、かなりお得な活用法といえます。

矢島綾菜さんの合格体験記

2016年度、横浜国立大学の教育人間科学部に合格した矢島さん。

塾や予備校に通わずにスタディサプリのみで横国に合格したそうです。

そんな彼女の一日の勉強スケジュールを紹介します。


合格体験記 2


通学中、放課後、寝る前の3回に分けてスタディサプリを活用していたようですね。

合計の勉強時間が6時間と、かなり勉強していたようです。


スタディサプリでは登校中のスキマ時間を勉強時間に変えられるというのがメリットです。

登校中に勉強しようとしても多くの場合は単語帳を見たり、一問一答を見るくらいだと思います。

スタディサプリを活用すれば大学受験の授業が見れたり、センター試験対策の問題集が解けるなど効率的な勉強が可能になります。

部活や学校行事などで多くの勉強時間が取れない方は、スタディサプリでスキマ時間を有効活用するのが適しています。

まとめ

まとめ


以上が、横浜国立大学の合格に必要なスタディサプリの講座紹介でした。

横国は簡単な大学ではありませんが、スタディサプリの授業をしっかり理解して勉強すればきっと合格に近づきます。

何度も授業を復習して丁寧に理解するようにしてください。


スタディサプリの登録方法は、こちらの記事(【まとめ】スタディサプリに登録する方法を解説してみる!)を参考にしてくださいね。



もっと効率的に偏差値を上げたい場合は?


スタディサプリには、合格特訓プランがあります。

合格特訓プランでは、月額9,800円であなた専属のコーチが付きます。

学習プランの作成、質問・相談の回答をしてくれます。

すべて一人で進めるよりも、困ったときに頼れる方がいるのは安心です。


もしかすると、月額980円のベーシックプランと比べると高く感じると思います。

しかし、合格特訓プランでは予備校よりも圧倒的に安く受験勉強が行えます。



平均的な予備校は、年間で約53万円が必要です。

夏期講習や冬期講習などの料金も加えると、100万円近くになることもあります。


一方の合格特訓プランは、年間で約12万円です。

予備校と比べると、41万円もお得になります。

学費や生活費など、大学入学後にもたくさんのお金が必要になってきます。

大学受験にかける費用を抑えたい方にも、合格特訓プランが適していますよ。


合格特訓プランについては、こちらの記事(3ヶ月で偏差値13UP!スタディサプリ合格特訓プランの評価は?)を参考にしてくださいね。