Z会 大学受験 評判


Z会は、進研ゼミと並んで有名な通信教育のひとつですよね。

特に、難関大学をめざす方からの支持が厚いです。

偏差値72の東京学芸大学附属高校では、300人を超える方がZ会を利用しています。


Z会は近年ますます人気を集めているので、周りに利用している方も多いと思います。

あなたも利用しようか考えている一人なのではないでしょうか。

しかし「どんなサービスなのか」「本当に合格できるのか」など疑問もありますよね。


人生の大勝負である大学受験。利用する通信教育は慎重に選びたいです。

そこで今回は、Z会の評価や評判を詳しく紹介していきます。

この記事を読めば、Z会に関するすべての疑問は解決するでしょう。

ぜひ参考にして、大学受験に活かしてくださいね。



Z会ってどんなサービス?特徴は?

Z会 特徴


Z会は、難関大学をめざす方向けの通信教育です。

送られてきた教材を解き、演習問題を送ることで添削指導が受けられます。

間違えた問題や理解が甘い問題は、添削者が丁寧に解説を行ってくれます。


自分のわからない部分が明確になるため、効率的に受験勉強を行えます。

教材を理解する ⇒ 演習問題を解く ⇒ 添削指導を受ける という流れで学習を行い、志望校合格に必要な得点力を身につけます。

難関大志望者向けの通信教育

Z会は、難関大志望者向けの通信教育です。

旧帝大や早慶など、偏差値65以上の大学をめざす方が主に対象となります。

各大学の出題傾向を分析した上で、作成されたカリキュラムを使用し学習を行います。

最短ルートで志望校合格がめざせ、入試までの残り日数が短い方でも安心して受験勉強が行えます。


難関大への合格実績も、豊富です。

東京大学1,074人、京都大学948人、早稲田大学2,446人、慶應義塾大学1,781人など難関大へ多数の合格者を輩出しています。

旧帝大や早慶などの難関大をめざす方には、最適な学習環境といえます。

毎月教材が送られてくる

Z会では、毎月届く教材を解いて学力向上をめざします。

講義内容の理解、演習問題を解く、添削指導を受ける、さまざまなタイプの教材が送られてきます。

目的が異なる教材を解くことで、大学受験に対応する力が身につきます。


教材は毎月届くので、一定の学習ペースを守る必要があります。

届いてすぐに解くと後からやることがなくなりますし、解かないと教材がどんどん溜まります。

利用を始めて一か月くらいは、学習ペースを掴むのを目標に受験勉強を行いましょう。

Z会のメリット | 評価と評判は?

Z会 メリット


Z会には、他の通信教育とは異なる多くの特徴があります。

Z会のメリットは数多くありますが、実際に僕が利用して感じたメリットをまとめていきます。


Z会のメリット

  1.一人ひとりコースが分かれている

  2.予備校に比べて料金が安い

  3.解答の添削が受けられる

  4.スマホで解説動画が見れる

  5.個別質問が可能

志望大学別にコースが分かれている

Z会では、志望大学別にコースが分かれています。

志望大学別のコースを設置することで、各志望校に必要な知識のみを身につけられます。


例えば、早稲田を志望する方が慶應で出題される超長文の対策を行っていては合格が遠のきます。

早稲田を志望する方は、早稲田で出題される英作文などの対策を重点的に行うべきです。


とは言っても、普通の高校生が志望校の出題傾向を分析して対策を立てるのは難しいです、、

受験生たるもの、過去問の分析ではなく受験勉強を行うべきですからね。

Z会では、そんな面倒で難解な志望校別対策をカンペキに行えます。

何も考えず、受験勉強のみに専念できるのですね。


東京大学 コース

京都大学 コース

早稲田大学 コース

慶應義塾大学 コース

予備校よりも料金が安い

Z会は、予備校よりも料金が安いことで知られています。

Z会の受講料は、毎月4,930円です。

平均的な予備校の授業料が、毎月約49,000円と言われています。


Z会では、およそ10分の1の料金で受験勉強が行えます。

一年間で計算すると、約53万円もZ会の方がお得ということになります。

53万円というと、国公立大学の一年間の授業料に相当します。


大学受験には受験料や模試代、参考書代など多くの費用がかかります。

予備校代は、少しでも安く抑えたいですよね。

家庭への普段を減らす意味でも、Z会は賢い選択といえるでしょう。


Z会 料金

解答の添削が受けられる

解答の添削が受けられるのも、Z会のメリットです。

近年の難関大入試では、解答だけでなく解く過程も重要視されています。

「答案に書いたことが伝わるか」で合否が決まるため、自己採点には限界があります。


そこでZ会では、添削指導に力を入れているという訳です。

「なぜ間違いなのか」「どうすれば点が取れるようになるのか」など一人ひとり異なる改善点を丁寧に指導してくれます。

Z会の添削を活用すれば、難関大学で求められる”解く過程”をマスターできますよ。


Z会 添削

スマホで解説動画が見れる

Z会は、スマホで解説動画が見れるサービスです。

今までの通信教育は、届いたテキストを読んで内容を理解するのが当然でした。

理解力が高い方ならテキストだけで十分ですが、全員がテキストだけで内容を理解できるわけではありません。


英語の長文問題や数学の難問など、解説を読むだけでは理解できない問題は多いですよね、、

Z会ではスマホで詳しい解説動画が見れるので、すんなりと内容を理解できます。

学習範囲をスラスラ進められ「自分はできる!」と、モチベーションアップにも繋がりますね。


Z会 解説動画

個別に質問ができる

Z会では、分からない問題を個別質問することができます。

内容をWebから質問すれば、3日以内に専門のスタッフが回答してくれます。

予備校と通信教育を比較したときに、通信教育の欠点として質問できない点が挙げられます。


予備校では常に講師がスタンバイしていますが、通信教育ではそうはいきません。

分からない問題があったときに質問できるのは、予備校の強みでした。


しかしZ会では、Webから質問を受け付けることで通信教育の弱点である「質問ができない」という点をカバーしています。

自宅に居ながらプロ講師のアドバイスを受けられるので、効率的な受験勉強が可能になりました。

学習方法や学習法など勉強全般の質問も受け付けているので、ぜひ活用してみてください。


Z会 解説動画

Z会のデメリット&注意点

Z会 デメリット


Z会では難関大学の対策が行えたり、スマホで解説動画が見れるなどサポートが受けられます。

その反面、どうしてもZ会のデメリットも存在します。

僕は不便に感じたことはありませんが、利用後に後悔しないよう以下の注意点を確認しましょう。


Z会のデメリット

  1.教材を溜めてしまうかも

  2.難易度が高すぎる?

  3.添削に時間がかかってしまう

  4.モチベーション維持が難しい?

難易度が高すぎる?

何度も言いますが、Z会は難関大学をめざす方向けの通信教育です。

旧帝大や早慶対策のコースなどが設置されています。

偏差値50前後の大学を志望する方には、難しすぎると思います。

というより、偏差値50前後の大学を受ける方に早慶レベルの知識は必要ないです。


志望校レベルの問題を繰り返し解く方が合格率はアップします。

目安としては、MARCHや関関同立以上の大学をめざす方にはZ会が適しています。


それ以外の大学を受ける方は、スマホで授業が受けられるスタディサプリの方がおすすめです。

スタディサプリの内容については、こちらの記事(【総まとめ】スタディサプリの評価と評判 | 登録方法と注意点は?)を参考にしてくださいね。

教材を溜めてしまうかも

Z会というよりは通信教育のデメリットですが、教材を溜める可能性があります。

毎月教材が届くので、お届け日まで前月の教材を終わらせておく必要があります。

前月の教材が終わっていないと、当月の教材を始めることができません。


「もうやらなくていいや」と、受験勉強を投げ出してしまう可能性があります。

教材が届く日付を確認し、5日程度前を目安に教材を終わらせましょう。

計画性をもって受験勉強を行い、モチベーションを切らさないように注意してくださいね。

添削に時間がかかる

Z会では、添削課題が返却されるのに時間がかかります。

Z会の公式サイトによると、答案到着後9日後に返送するようです。

Z会に届くまでを考えると、答案を発送してから約14日後に返却されると思った方がいいです。


返却までに約14日間かかるので、添削課題は早め早めに提出するようにしましょう。

返却される日付から逆算して提出するのも、おすすめの方法ですよ。

モチベーション維持が難しい?

Z会は通信教育なので、モチベーション維持が難しいです。

予備校では他の生徒もいるので「あの子には負けない!」とやる気を出すことができます。

通信教育はどうしても自宅で勉強する時間が長く、やる気を失ってしまいがちです。


受験勉強のモチベーションを上げる必要がありますね。

自習室や図書館、カフェなど勉強している人が多い場所へ行くのもアリです。

周りが勉強しているため、自分も頑張ろうと良い影響を受けられますよ。

まとめ

まとめ


以上が、Z会の評判や評価をまとめた記事でした。

Z会の名前は知っていたけれど、内容が分からなかった方も多いと思います。

Z会は、難関大学をめざす方を合格に導いてくれる通信教育なのですね。


正直、Z会の教材はレベルが高く難しいです。

何度も繰り返し解かないと、理解することはできません。

あまりの難しさにやる気をなくしてしまう時もあるでしょう。


しかし、そんなZ会をやり遂げることができれば志望校合格は手に入れたも同然です。

他の受験生を圧倒するレベルまで、得点力も身についています。

Z会を上手く活用して、憧れの大学生活を掴み取りましょう!